日本製紙クレシア株式会社(家庭紙事業)開成工場

当工場は、富士山系の良質で豊富な水に恵まれた地に、やさしいティシューづくりを目指した、日本で最初のティシュー工場です。1963年(昭和38年)トイレットティシュー、1964年(昭和39年)にはフェイシャルティシューの生産を開始しました。
現在は、フェイシャルティシュー、トイレットティシューなどの家庭用製品から、業務用・産業用製品まで、幅広く高品質な製品を生産しています。
環境マネジメント・システムを導入し、省エネルギーに努めるとともに、生物膜処理装置など排水処理に工夫を凝らしています。永年にわたり蓄積された技術と経験を基に、常に新しい技術・設備を取り入れた製品づくりに努力しています。

工場名 日本製紙クレシア株式会社 開成工場
(にっぽんせいしくれしあかぶしきかいしゃ かいせいこうじょう)
所在地

〒258-0021 神奈川県足柄上郡開成町吉田島500

連絡先 TEL: 0465-83-2311
FAX: 0465-83-0766
敷地面積 64,000m2
従業員数 75人(2016年4月1日現在)
抄紙機設備能力 2台 160トン/日
動力設備能力 ボイラー8缶 最大蒸気量16トン/時
用水 地下水
最大取水量 4,200m3/日
年間生産量 抄紙機 51,000トン
主要製品 フェイシャルティシュー、トイレットティシュー、業務用品