日本製紙クレシア株式会社(家庭紙事業)東京工場

当工場は、首都圏という大消費地に隣接し、立地に恵まれた工場です。1964年(昭和39年)ティシュー加工機、1966年(昭和41年)には一号抄紙機が稼動しました。
現在は、フェイシャルティシュー、トイレットティシューなどの家庭用製品から、業務用・産業用製品まで、幅広く高品質な製品を生産しています。
環境マネジメント・システムを導入し、完全無公害工場を目指しています。そのため、排水設備、都市ガスを燃料としたボイラ,乾燥設備を導入し、環境対策に取り組んでいます。
今後も、ミルクカートン再利用など、リサイクルへの積極的な取り組みと産業廃棄物の極小化を進めます。

工場名 日本製紙クレシア株式会社 東京工場
(にっぽんせいしくれしあかぶしきかいしゃ とうきょうこうじょう)
所在地

〒340-0013 埼玉県草加市松江4-2-16

連絡先 TEL: 048-931-1151
FAX: 048-936-0247
敷地面積 53,000m2
従業員数 100人(2016年4月1日現在)
パルプ設備能力 古紙パルプ 104トン/日
抄紙機設備能力 3台 266トン/日
動力設備能力 貫流ボイラー5基 最大蒸気量30トン/時
用水 工業用水
最大取水量 19,000m3/日
年間生産量 抄紙機 88,000トン
主要製品 フェイシャルティシュー、トイレットティシュー、業務用品