日本製紙株式会社ケミカル事業本部 東松山事業所

東松山事業所は、埼玉県の中央部にあり、比企丘陵の豊かな緑に囲まれた土地に位置しています。
1964年に山陽パルプ株式会社東松山工場として発足し、2004年に日本製紙株式会社より機能材料事業が分割されて日本製紙ケミカル株式会社に事業統合し、日本製紙ケミカル株式会社東松山事業所となりましたが、2013年の日本製紙グループの事業再編に伴い、日本製紙株式会社ケミカル事業本部東松山事業所となっています。
現在の主要製品は、独自のフィルム加工技術とクリーン加工技術を駆使した機能性フィルムで、特に液晶ディスプレー用ハードコートフィルムは、品質・供給力・品ぞろえにおいて高い評価を得ています。環境保護に関しても、排ガス処理装置の活用や、重油から都市ガスへの燃料転換によるCO2の削減など、積極的に取り組んでいます。

工場名 ケミカル事業本部 東松山事業所
所在地

〒355-0002 埼玉県東松山市東平1551

連絡先 TEL: 0493-22-0960
FAX: 0493-22-5130
生産品目 ディスプレイ用光学フィルム、親展葉書用フィルム、各種機能性フィルム