事業内容アグリ事業

アグリ事業について

当社は「木」の持つ可能性を追求し、「木」を総合的に利用する事業を幅広く展開しています。そのひとつとして、アグリ事業は、当社が長年にわたる植林研究で培った植物バイオ技術を生かし、生物多様性や人々の健康増進に貢献する事業として、主に苗木の増殖・販売を行っています。

自然界の植物は、太陽の光を浴び、炭酸ガスと水から糖をつくり(光合成)、この糖をエネルギーの源として生長します。当社は、植物の光合成能力を最大限に引き出す独自の「容器内挿し木技術」を用いて、これまで挿し木による育成が困難とされていた植物の発根に成功しており、その数は、製紙原料となるユーカリに始まり、園芸用植物、果樹、茶、桜など、100品種以上の植物に及びます。
この技術を応用し、当社は、市場ニーズに応じて、やぶきた、さやまかおり、さえあかりなど、40品種以上の茶の母樹専用園を持ち、苗木を生産・販売しています。また、作業性に優れ、高い活着率を支える充実した根張りが特徴の「セル苗」を開発し、新しい茶園づくりを提案しています。
さらに、最近では、アントシアニンを含む新品種として、機能性食品素材としても利用可能な茶である「サンルージュ」を展開しています。