null
日本製紙クレインズ
null
null
ゲームレポート
null
2007-08アジアリーグ
日本製紙クレインズ 日光アイスバックス
日本製紙クレインズ4 2日光アイスバックス

レギュラーリーグGAME14
DATE:11月24日(土) 13:00〜 PLACE:新横浜スケートセンター SCORE:得点結果はこちら>>

試合総評
 苫小牧での王子製紙戦に快勝し、波に乗るクレインズ。新横浜に場所を変えて臨んだ今日の試合も、立ち上がりから快調に日光アイスバックスゴールを脅かした。
 まずは第1ピリオド7分33秒に迎えたパワープレーの好機を活かし、石黒、桑原とつながったパックを飯村が押し込んで先制。その後もメジャーペナルティーによる5分間のパワープレーの間に、立て続けに得点を奪う。11分54秒に伊藤(雅)が、12分40秒には外崎が、直後の12分51秒にはキャプテン伊藤(賢)が豪快なシュートを決め、第1ピリオドで4得点を挙げ、幸先の良いスタートとなった。
 しかし、第2ピリオド開始早々の1分12秒、自陣ブルーライン付近のターンオーバーからバックスにノーマークを許しゴールを与えてしまうとペースは徐々にバックスへと傾き、流れを変えられないまま第2ピリオドが終了。ペースを取り戻したいクレインズだったが、第3ピリオドに入ってもなかなかペースをつかむことが出来ずペナルティーを重ね、5分59秒には3人対5人の場面でバックスにリバウンドを押し込まれ、4-2とされてしまう。その後もバックスペースで試合は進んだが、新守護神GKマクレナンを中心に守り切って試合終了。
 試合後半はクレインズらしいホッケーが出来ず、苦しい試合展開となったが粘り強くきっちりと勝点3をゲットした。

null

frameトップへ一覧に戻るframe
null (C) COPYRIGHT NIPPON PAPER INDUSTRIES. ALL RIGHTS RESERVED.
null