null
日本製紙クレインズ
null
null
ゲームレポート
null
2007-08アジアリーグ
日本製紙クレインズ 日光アイスバックス
日本製紙クレインズ3 2日光アイスバックス

レギュラーリーグGAME18
DATE:12月22日(土) 13:00〜 PLACE:札幌市月寒体育館 SCORE:得点結果はこちら>>

試合総評
 国内トップ4チームが集結して行われる毎年恒例の「クリスマスゲームズ in SAPPORO」。1日目は今シーズン2勝1分と負けなしの日光アイスバックスが相手。3連敗中のクレインズにとってはここで勝って、ムードを変えたいところである。
 第1ピリオドは運動量に勝るクレインズが、相次いでパワープレーのチャンスを迎える。しかし、バックスGK橋本の好守に阻まれ、得点を奪うことができない。第2ピリオド序盤、この試合5回目のパワープレーのチャンスを迎え、FW三谷がゴール横から上がってシュートを放ち、そのリバウンドを自ら叩いて先制。その後キルプレーで同点に追いつかれるも、FW伊藤(雅)が決めて再びリードした。第3ピリオドに入り、FW飯塚のゴールでリードを広げたがその後、バックスに1点差と詰め寄られると、終盤は攻め込まれる場面もあったが、GKマクレナンの好守で守り切り、辛勝ながらも連敗をストップした。
 この試合、得点のすべては第1セットによるものだったが、第4セットの動きが素晴らしく、チームに活力を与える役割をきちんとこなしていた。特に土塚は切れのあるプレーで相手のペナルティを誘うなど目を引いた。

null
photo
パワープレーのチャンスでゴールを狙うDF大澤(左)とFW桑原(右)。
null photo
勝ち越しの2点目を決め、スティックを挙げて喜びを表す伊藤(雅)。

frameトップへ一覧に戻るframe
null (C) COPYRIGHT NIPPON PAPER INDUSTRIES. ALL RIGHTS RESERVED.
null