null
日本製紙クレインズ
null
null
ゲームレポート
null
2007-08アジアリーグ
日本製紙クレインズ 日光アイスバックス
日本製紙クレインズ2 3日光アイスバックス

レギュラーリーグGAME20
DATE:12月29日(土) 14:00〜 PLACE:日光霜降アイスアリーナ SCORE:得点結果はこちら>>

試合総評
 12月29日・30日とクレインズは日光アイスバックスとの2連戦を迎えた。2007年最後のシリーズとなるこの日光決戦で、2連勝をもくろむクレインズだったが……。
 先制したのはクレインズ。伊藤(雅)から三谷へのセンタリングをバックスDFが自らのゴール方向に角度を変えてしまい、クレインズにとってはラッキーな得点となった。さらに11分にはパワープレーで三谷、伊藤(雅)とパックが渡り、最後はディックが豪快なスラップショットを決めて2点差にリードを広げた。しかし、第2ピリオドに入ると形勢逆転。セットチェンジでもたつく間にバックスからプレッシャーを掛けられたDFがターンオーバー、バックスFWにパックを奪われ1点差とされた。さらにその30秒後、勢いに乗るバックスはフェイスオフからシュートを決め、同点とした。
 第3ピリオドは互いにチャンスを作るもなかなか得点できず、試合は終盤へ突入。迎えた18分、クレインズゾーンでの展開の中、バックスDFに痛恨のゴールを奪われ逆転を許してしまう。最後はGKをベンチに下げ、6人攻撃を仕掛けたが、バックスGK橋本を打ち崩すことはできず。年末最終戦の緒戦を飾ることができなかった。

null
photo
主力DFである伊藤(賢)、外崎の欠場をカバーするディック(右)と原武(中央)。

frameトップへ一覧に戻るframe
null (C) COPYRIGHT NIPPON PAPER INDUSTRIES. ALL RIGHTS RESERVED.
null