null
日本製紙クレインズ
null
null
ゲームレポート
null
2007-08アジアリーグ
日本製紙クレインズ SEIBUプリンスラビッツ
日本製紙クレインズ4 3SEIBUプリンスラビッツ

レギュラーリーグGAME23
DATE:1月6日(日) 14:00〜 PLACE:ダイドードリンコアイスアリーナ SCORE:得点結果はこちら>>

試合総評
 昨日のSEIBU戦の敗戦で3連敗となったクレインズ。何としても4連敗を避けたいSEIBUとの年明け2戦目で、負傷したマクレナンに代わり石川が先発マスクをかぶった。
 昨日とは打って変わって、立ち上がりからよく足が動くクレインズ。第1ピリオド早々にSEIBU選手のペナルティを誘ってパワープレーのチャンスを得ると、FW三谷が先制ゴールを決めた。その直後、FW竹内が中盤から持ち込むと、そのままシュートを放ち、相手GKに弾かれたもののパックはゴールに吸い込まれ、2点目を追加した。
 第2ピリオド前半はSEIBUに攻め込まれて2点を失ったが、12分過ぎに得た5対3のパワープレーチャンスにFW飯塚がFW伊藤(雅)のパスを決め、再び勝ち越して第2ピリオドを終えた。第3ピリオド立ち上がりには、DF原武がゴールを決めて2点差とリードを広げる。10分過ぎには1点差まで詰め寄られ、なお攻め込まれるシーンが多くなってきたが、GK石川を中心としたDF陣が最後まで踏ん張り、またラスト2分となったところで焦りの見えるSEIBUが連続してペナルティを犯したこともあって、何とか1点差を守りきり、2008年初白星を飾った。

null

frameトップへ一覧に戻るframe
null (C) COPYRIGHT NIPPON PAPER INDUSTRIES. ALL RIGHTS RESERVED.
null