null
日本製紙クレインズ
null
null
ゲームレポート
null
2007-08アジアリーグ
日本製紙クレインズ アニャンハルラ
日本製紙クレインズ4 3アニャンハルラ

プレーオフファーストラウンド
DATE:2月16日(土)16:00〜 PLACE:釧路アイスアリーナ SCORE:得点結果はこちら>>

試合総評
 クレインズのプレーオフファーストラウンド緒戦は、レギュラーリーグ第5位のアニャンハルラとの対戦となった。クレインズが守りを重視した中でスピードを生かしたラッシュ攻撃を得意としているのに対し、ハルラはニュートラルゾーントラップやパックを前後に動かしてゲームを組み立てる、いわゆるチェコ型ホッケーのチームだ。両チームは今季リーグ戦では2勝2敗とまったく互角の戦いを展開しており、クレインズにとって気の抜けないシリーズとなる。
 第1ピリオド4分24秒、先制したのはハルラ。DFからの長いクロスパスがゴール横のFWに渡ると、GK#29マクレナンが対応しきれず、パックはゴールの中へ吸い込まれた。しかし、その直後、FW#17飯村がFW#71桑原のパスを受けて同点ゴールを決める。その後、9分20秒に再びハルラにリードを許すも、その4分後には、FW#24飯塚からのパスを受けたFW#18伊藤(雅)が、ハルラGK#33ソン・ホソンの左肩口を鮮やかに抜いて同点とするシーソーゲームで第1ピリオドが終了した。
 第2ピリオドに入り、またしてもハルラに先行される苦しい展開となったが終了間際、DF#7ディックのシュートのリバウンドを飯塚がきっちりと決めて、同点とする。第3ピリオドには、クレインズがパワープレーで何度か勝ち越しのチャンスを作ったが得点することはできず、プレーオフファーストラウンド第1戦は、延長戦に突入することになった。
 迎えた延長4分、DFゾーンから桑原が前線の飯村へロングパスを通すと、GKと1対1のノーマークになった飯村が、GKを左にかわすも得点はならず。しかし、そのこぼれたパックを自らキープすると、ハルラDFの隙を突き、再度フリーでシュートを放つ。今度はGKの左肩口を抜け、ゴールネットに突き刺さった。
 厳しい接戦を制したクレインズ。この勢いで第2戦も勝利を飾ることに期待したい。

null

監督のコメント
監督どの試合も厳しい試合になることはわかっている。今日はパワープレーが機能していなかったので、再度チェックして明日の試合に臨みたい。また、第1ピリオドは点の取り合いになったが、クレインズ本来のゲーム運びではないので、それも注意したい。最後のゴールは本当に良く決めてくれた。飯村の得点能力は優れているので、信じていた。

 

photo
2対2の同点に追いつくゴールを決めたFW#18伊藤雅俊(左)とアシストのFW#24飯塚洋生。
null photo
延長4分、ゴール前で粘りを見せ、見事Vゴールを決めたFW#17飯村喜則。

frameトップへ一覧に戻るframe
null (C) COPYRIGHT NIPPON PAPER INDUSTRIES. ALL RIGHTS RESERVED.
null