null
日本製紙クレインズ
null
null
ゲームレポート
null
2008-09アジアリーグ
日本製紙クレインズ 日光アイスバックス
日本製紙クレインズ5 4日光アイスバックス

レギュラーリーグGAME9
DATE:10月19日(日) 14:00〜 PLACE:釧路アイスアリーナ SCORE:得点結果はこちら>>

試合総評
 クレインズと日光アイスバックスの2回戦は、10月19日(日)、釧路アイスアリーナで行なわれ、FW#75ユールの2得点を奪うなどの活躍により、5-4で勝利。クレインズは連勝を5に伸ばし、3位に浮上した。また、ユールは通算5ゴール10アシストとし、 ポイントランキングでチームトップの4位タイに上昇している。
 第1ピリオド7分、クレインズの執拗な攻撃からDF#23大澤が押し込み先制。直後に同点とされるものの、16分にはユールが豪快なスラップショットを決めて再びリードした。続く第2ピリオド4分に再び同点に追いつかれたが、FW#24飯塚、ユール、FW#20三谷の3連続ゴールでバックスを突き放して第2ピリオドを終了。
 試合が決まったかに思われた第3ピリオド6分、12分とバックスに追い上げられ、ついに1点差となる。さらに残り時間が少なくなったところで、バックスに6人攻撃を仕掛けられ、再三ピンチを招いたが、最後はGK#61石川を中心に守り切り、1点差で辛勝した。次はここまで最下位のチャイナシャークスとの3連戦(23日(木)、25日(土)、26日(日))に臨む。

null

監督のコメント
監督第2ピリオドまでは良い試合運びであったが、第3ピリオドに崩れてしまい、接戦となってしまった。気の緩みが原因と思われるが、最後までしっかり戦わなくてはいけない。それと守りに修正点が見つかったので、そこをチェックし、次のシャークス戦では失点を最小限にしたい。

 

photo
この日、2ゴール2アシストを記録し、地元・釧路2連勝に貢献したFW#75ユール。
null photo
アシストのユール(中央背中)を笑顔で称えるFW#20三谷(右)。貴重な5ゴール目はこの二人で生み出した。

frameトップへ一覧に戻るframe
null (C) COPYRIGHT NIPPON PAPER INDUSTRIES. ALL RIGHTS RESERVED.
null