null
日本製紙クレインズ
null
null
ゲームレポート
null
2009-2010アジアリーグ
日本製紙クレインズ High1
日本製紙クレインズ2 5High1
DATE:10月6日(火)18:30〜 PLACE:釧路アイスアリーナ SCORE:得点結果はこちら(アジアリーグHP)>>
日本製紙クレインズ42High1
DATE:10月4日(日)14:00〜 PLACE:釧路アイスアリーナ SCORE:得点結果はこちら(アジアリーグHP)>>
日本製紙クレインズ40High1
DATE:10月3日(土)16:00〜 PLACE:釧路アイスアリーナ SCORE:得点結果はこちら(アジアリーグHP)>>
試合総評
 10月3日、釧路アイスアリーナで日本製紙クレインズ対High1(韓国)の1回戦が行なわれた。第1ピリオド、新人賞候補のFW#50小窪がFW#20三谷、FW#76小原のアシストで嬉しいリーグ初ゴールを決めて先制。第2ピリオド以降も着実に得点を重ね、High1を突き放す。守ってはGK#61石川が40本ものシュートを零封。トータル4対0と、今季初の完封でクレインズが勝利を収めた。
 翌日に行なわれた第2戦も新人DF#77簗取、FW#24飯塚の立て続けのゴールで早々にリードを奪う。第2ピリオドに一度は同点に追いつかれたものの、FW#11西脇のゴールで再びリードを奪うと、すぐさまFW#20三谷がショートハンドゴールを決めて4対2とし、終盤はHigh1に攻め込まれるが、GK#42清川がきっちり守り、クレインズが2連勝を飾った。
 また、中1日明けて行なわれた6日の第3戦は、先制されたクレインズがその後、パワープレーのチャンスを活かしきれないまま2点ビハインドで迎えた第3ピリオド中盤、梁取、小原のゴールで同点に追いつくが、その直後に3連続失点を喫してしまい、2対5で破れ、このカード3連勝とはならなかった。これでクレインズの通算成績は4勝1敗となった。
null
photo
対High1第1戦で今季初完封を果たしたGK#61石川央。

frameトップへ一覧に戻るframe
null (C) COPYRIGHT NIPPON PAPER INDUSTRIES. ALL RIGHTS RESERVED.
null