null
日本製紙クレインズ
null
null
ゲームレポート
null
2009-2010アジアリーグ
日本製紙クレインズ チャイナドラゴン
日本製紙クレインズ4 2チャイナドラゴン
DATE:10月18日(日)16:00〜 PLACE:上海大学生体育センター SCORE:得点結果はこちら(アジアリーグHP)>>
日本製紙クレインズ20チャイナドラゴン
DATE:10月17日(土)16:00〜 PLACE:上海大学生体育センター SCORE:得点結果はこちら(アジアリーグHP)>>
日本製紙クレインズ21チャイナドラゴン
DATE:10月15日(木)19:00〜 PLACE:上海大学生体育センター SCORE:得点結果はこちら(アジアリーグHP)>>
試合総評
 10月15〜18日、中国・上海大学大学生体育センターで日本製紙クレインズ対チャイナドラゴンの3連戦が行なわれた。初戦、なかなかリズムに乗れないクレインズは、ドラゴンに押されぎみの展開となるが、GK#61石川の好守により凌ぎ、最終ピリオド中盤にFW#75ユール、FW#76小原の連続ゴールで2対0とし、残り時間1分を切ったところで1点を返されるも、2対1で何とか勝利を飾った。
 第2戦は序盤からスピーディな攻撃でドラゴンゴールを脅かす。しかし、ドラゴン・GK#26井上(法政大出身の新人)の好守により、なかなかゴールを奪えないクレインズであったが、第3ピリオド5分、7分と立て続けに好調のユールが連続ゴールを奪い、試合を決めた。守っては21セーブのGK#42清川が今季初完封を達成した。
 第3戦は第1ピリオドに3点を連取、第2ピリオドにも1点を加えたクレインズが圧倒的に攻め込む展開となったが、終盤に2点を返され2試合連続完封とはならなかったものの、4対2で勝利。このシリーズを3連勝とした。
 これでクレインズの通算成績は7勝1敗で暫定2位に。次節、敵地・苫小牧で首位の座を賭け、王子イーグルスと戦う。
null

frameトップへ一覧に戻るframe
null (C) COPYRIGHT NIPPON PAPER INDUSTRIES. ALL RIGHTS RESERVED.
null