null
日本製紙クレインズ
null
null
ゲームレポート
null
2009-2010 アジアリーグ
日本製紙クレインズ アニャンハルラ
日本製紙クレインズ5 2アニャンハルラ
DATE:3月24日(水)19:00〜 PLACE:アニャンアイスアリーナ SCORE:得点結果はこちら(アジアリーグHP)
試合総評

 アジアリーグプレーオフファイナル第1戦、第2戦でアニャンハルラにまさかの2連敗を喫し、王手を掛けられた日本製紙クレインズ。何とかこの試合をものにし、今シーズン、チームで掲げた「シーズン2冠」と「アジアリーグ2連覇」に向けて、望みをつなぎたいところである。一方のハルラも地元の期待を背に、アジアリーグ初制覇に向けて、必死で臨んでくるだろう。昨シーズンのチャンピオンチームであるクレインズとしても、そう簡単には引き下がれない。両者の意地とプライドがぶつかり合ったファイナル第3戦は3月24日、韓国・安養市のアニャンアイスアリーナでフェイスオフを迎えた。

 その第1ピリオド立ち上がり、ハルラも初優勝を目前にしたプレッシャーからか、プレーにバタつきが見られる。その隙を突き、クレインズがこのファイナルで初めて先制する。3分1秒、FW#76小原のシュートリバウンドをFW#20三谷が押し込んだ。6分過ぎ、クレインズに立て続けのペナルティ。5on3のペナルティキリングのピンチが訪れるが、GK#61石川を中心にした堅い守りでハルラに得点を許さない。迎えた15分34秒、クレインズの4on3のパワープレーからDF#77簗取のパスをFW#75ユールがゴール裏から持ち込み、左サイドからのシュートで追加点を挙げ、2対0とリードを広げて第1ピリオドを終えた。
 第2ピリオド、このままリードを守りたいクレインズだったが、3分過ぎ、ハルラ・FW#96ソン・ドンファンにゴール前の混戦からゴールを許し、1点差に詰め寄られる。後がないクレインズも負けてはいない。9分9秒、またしても4on3のパワープレーのチャンスで、三谷のシュートがゴール裏ボードに跳ね返ってきたところに、DF#3伊藤が詰めて貴重な追加点。3対1とハルラを押し返す。だが、ハルラも執拗な攻撃を見せた13分過ぎ、ロングシュートのパックをFW#25ラドゥンスキに角度を変えられ、再び1点差。第2ピリオドを3対2で終了する。
 ハルラに1点差と迫られたクレインズ。先に1点を取り、ハルラにプレッシャーをかけたい第3ピリオド3分59秒、このプレーオフで鳴りを潜めていたFW#11西脇が、左サイドからのユールのセンタリングに合わせて貴重な追加点を奪い、狙い通り、4対2とクレインズがリードを2点に広げた。その後は、両チームともに激しい攻防を展開。終盤にさしかかった16分過ぎ、ハルラにペナルティが出る。ここで追加点を決め、リードを3点に広げられれば、クレインズが勝利をぐっと手繰り寄せる絶好のチャンス。このパワープレー終了間際の18分17秒、三谷から小原へパックが渡り、最後はDF#55ボーリューが勝利を決定づけるゴールをきっちりと決めた。結局、試合はこのままクレインズがトータル5対2で背水の第3戦をものにし、決着を次戦以降に持ち越した。

 第2戦でことごとく決め切れなかったパワープレーをしっかりと修正して、まさに貫禄勝ちを収めたクレインズ。負ければ敗退の背水の状況には変わりはないが、自らの力で決戦の舞台を地元ファンの待つホーム・釧路に移した。今シーズン掲げたチームスローガン「Pay The Price 〜2冠への挑戦〜」には、アジアリーグと全日本選手権優勝の2冠を果たすために、努力と犠牲を惜しまずプレーするという決意が込められている。逆転優勝に向けた選手たちの活躍に期待したい。
null

監督のコメント

今日は、もう後がない試合だったが、選手全員がハードによく闘ってくれた。このハルラへの大声援の中、気持ちで負けることなく点を取り、また身体を張って良く守ってくれた選手たちを褒めてやりたい。釧路では何とか連勝して、地元のファンの皆さんの前で優勝したい。監督


選手のコメント

大澤秀之キャプテン(DF#23)のコメント
DF#23大澤秀之選手 今日は立ち上がりから先制点を奪い、しっかりと守っていい流れでゲームを進めることができた。しかし、まだ王手をかけられている状況には変わりはないので、後はしっかりとうちのホッケーをして、ぜひ釧路のファンの前で優勝を勝ち取りたい。

 

photo
第1ピリオド、追加点を決めてチームメートの祝福を受けるFW#75ユール・クリス。
null photo
ゴール前、ハルラの分厚い攻撃を防ぐクレインズDF陣。

frameトップへ一覧に戻るframe
null (C) COPYRIGHT NIPPON PAPER INDUSTRIES. ALL RIGHTS RESERVED.
null