null
日本製紙クレインズ
null
null
ゲームレポート
null
2010-2011アジアリーグ
日本製紙クレインズ High1
日本製紙クレインズ3 1High1
DATE:10月31日(日)14:00〜 PLACE:釧路アイスアリーナ SCORE:得点結果はこちら(アジアリーグHP)>>
日本製紙クレインズ12High1
DATE:10月30日(土)16:00〜 PLACE:釧路アイスアリーナ SCORE:得点結果はこちら(アジアリーグHP)>>
試合総評
 前節のアニャンハルラ戦で、まさかの2連敗を喫した日本製紙クレインズ。10月最後の週末は前節に続いて日韓対決、地元・釧路にHigh1を迎えた。対韓国チーム4連戦に負け越したくないクレインズは過去2シーズン、High1戦で負けのないGK#42清川を今節初戦に起用し、まずは先勝を狙った。

 第1ピリオド開始直後は互いに攻め込みながら決定的なチャンスをつくれなかったが、ちょうど10分になろうかという頃、ニュートラルゾーンでパックを奪ったFW#19佐藤が、ブルーラインを越えたあたりからシュートを放ち、そのリバウンドを自ら決めた。佐藤の嬉しい今季初ゴールで先制点を挙げたクレインズ。第1ピリオド終盤にはHigh1が反則を連発し、第2ピリオドはふたり多い5対3のパワープレーから始まることになり、追加点への期待が高まった。しかし、8試合を消化してパワープレー成功率27.8%と決して悪くはないクレインズだったが、形にこだわり過ぎ、なかなかシュートを打たない。また、時折シュートを放つもゴールの枠を外すなど、精度が低く、結局、得点には結びつけられなかった。
 こうなると、チーム全体にフラストレーションが溜まり、何をやってもうまくいかなくなるのがアイスホッケー。1点リードこそ保ちながら、ベンチに重たい空気が流れ始めた第3ピリオド12分19秒、High1の選手がコーナーからパックをゴール前に流すと、清川の体に当たったパックはころころとゴール内に転がり、試合の流れを象徴するような形で同点とされた。その後もHigh1にチャンスをつくられたが、清川が何とか踏ん張って得点を与えないものの、連敗を脱したいクレインズも積極的に攻め込むも、決定力不足で勝ち越すことができない。そして、終了間際にまたしても不運が。FW#17飯村のシュートがHigh1のGKの股間を抜け、ゴールラインを越えたと思われたが、レフェリーがパックを見失い、その後にゴールが動いてホイッスル。レフェリーの判断はノーゴール。ここで規定の60分が終了した。
 延長(OT)でも決着がつかず、今季、チーム3度目のゲームウイニングショット(GWS)戦へと突入した試合は、High1の3選手に決められ、一方のクレインズは1名しか成功できず、悔しい敗戦となった。

 釧路でこれ以上負けられないクレインズ。翌日の一戦にパワープレーとニュートラルゾーンでの展開を修正して臨んだ。第1ピリオド開始早々からスピーディな攻防を展開していた3分9秒、パワープレーのチャンスでFW#15ゴールディーからのパスをDF#3伊藤がシュート、そのこぼれたパックをFW#47久保が押し込み、幸先よく先制する。その後も激しい攻防は変わらなかったが、このまま第1ピリオドが終了するかと思われた17分31秒、クレインズゴール前の混戦からDF#3ジャクソンに決められ、同点とされた。
 嫌なムードで迎えた第2ピリオド、クレインズは相手ゾーン深くにパックを放り込み、プレッシャーをかけて、チャンスを窺う。High1もフィジカルを活かした強い当たりで応酬。緊迫した展開となった。8分17秒、High1ゾーンでFW#79坂上が激しい当たりでパックを奪うと、サポートしていたFW#24飯塚のパスをFW#21酒井がゴール左隅に決め、再びリードした。その26秒後、またしても深いゾーンでの展開から飯村のセンタリングをFW#75ユールがワンタイムで決め、リードを広げる。第3ピリオドに入り、2点を追うHigh1は激しくクレインズゴールを襲う。ここでクレインズは守り重視の戦略に変更。終盤にクレインズが反則を連発し、苦しい展開となったが、GK#61石川の安定した守りで追撃を許さず、3対1で勝利。連敗を3で止めた。

 クレインズはこれで通算成績7勝3敗で勝点21とし、High1を抜いて暫定4位となった。日韓対決4連戦は厳しい戦いとなったが、最後に連敗を阻止したことで、次節の横浜集結戦に弾みはつけられた。昨季はことごとく星を落としていた集結戦だが、今季はそうはいかない。上位進出のために2連勝を目指す。
null



photo
31日、High1の怒涛の攻撃をかわすGK#61石川央。
null photo
連敗を止める決勝ゴールを挙げたFW#21酒井隆行。

frameトップへ一覧に戻るframe
null (C) COPYRIGHT NIPPON PAPER INDUSTRIES. ALL RIGHT RESERVED.
null