null
日本製紙クレインズ
null
null
ゲームレポート
null
2012-2013アジアリーグ
日本製紙クレインズ アニャンハルラ
日本製紙クレインズ5 3アニャンハルラ
DATE:11月18日(日) 13:00〜 PLACE:高陽アイスリンク SCORE:得点結果はこちら(アジアリーグHP)>>
日本製紙クレインズ32High1
DATE:11月17日(土) 16:30〜 PLACE:高陽アイスリンク SCORE:得点結果はこちら(アジアリーグHP)>>
日本製紙クレインズ23アニャンハルラ
DATE:11月15日(木) 19:00〜 PLACE:アニャンアイスアリーナ SCORE:得点結果はこちら(アジアリーグHP)>>
試合総評
 ナショナルブレイクが明けて、クレインズは韓国遠征。11月15日(木)、17日(土)、18日(日)のアニャンハルラ、High1と3連戦を戦った。この韓国シリーズで連勝し、一気に順位を上げたいところである。

 まずは、15日のハルラ第2戦、第1ピリオドスタートから動きが悪く攻め込まれる場面が多かった。17分過ぎにGK#61石川がペナルティでペナルティーショット(PS)を与え、先制される。
 第2ピリオドに入りクレインズは徐々にペースを取戻し、4分過ぎにリバウンドをFW#22ラジャが押し込み同点とする。
 第3ピリオド9分過ぎに相手ゾーンでのフェイスオフから小原がGKキャッチング側肩口にシュートを決め2対1と逆転する。しかし、12分過ぎにハルラFW#25ラドゥンスキに決められ2対2の同点となり延長へもつれ込む。延長でも勝負がつかず、最後はゲームウイニングショット(GWS)で敗れてしまった。

 中一日明けて、17日は韓国集結シリーズ。クレインズはまずHigh1と対戦(第5戦)。その、第1ピリオド6分過ぎ、FW#10アイズンマンのパスを受けたFW#22ラジャがトップサークルから強烈なシュートを決めて先制した。13分にはゴール前にこぼれたパックをFW#79坂上が決めて2点差とする。
 第2ピリオドと第3ピリオドに1点ずつ決められ、スコアは2対2の同点で60分が終了し、延長に入る。しかし、この日も延長戦で決着が着かず勝利の行方は、GWSへ。クレインズは、3人目のFW#22ラジャがシュートを決めて、最後は、この日1年ぶりに先発マスクを被ったGK#42清川が止めて激戦を制した。

 18日は、ハルラと対戦(第3戦)。第1ピリオド2分過ぎにハルラに先制されたが、5分19秒にFW#19佐藤(博)がノーマークになり落ち着いてGKを交わして同点とする。6分過ぎにはFW#22ラジャのシュートをFW#10アイズマンが角度を変えて2対1と逆転に成功。すぐさまハルラに同点にされたが、15分過ぎのパワープレー(PP)のチャンスでFW#16小原が豪快にシュートを決めて3対2とし、1点リードで第1ピリオドを終了。
 第2ピリオドにまたも同点にされスコアは3対3でこのピリオドを終える。第3ピリオド、9分過ぎにフェイスオフからDF#5蛯名のパスをDF#77梁取がスラップシュートで決めて4対3と再びリードした。第3ピリオド残り15秒でFW#10アイズマンがエンプティゴールを決めて、5対3で試合は終了。クレインズが、60分勝ちで勝利した。

 これでクレインズは通算成績を10勝6敗、勝点29とし3位に浮上した。次節は11月24日(土)、25日(日)の日光で行われるアイスバックス2連戦に臨む。


監督のコメント
佐々木監督 <アニャンハルラ 3回戦 11月18日>
韓国シリーズ最終戦は、お互いにスコアリングチャンスの多い試合だったがチーム全員の守備に対する意識の高さとGK石川の安定した守りが60分勝ちに繋がったと思う。試合終了まで集中して戦えた事も良かった。今月はタイトなスケジュールになっているので、コンディションを整えて次のバックス戦に臨みたい。


選手のコメント

小原大輔キャプテン(FW#16)のコメント
<アニャンハルラ 3回戦 11月18日>
小原大輔キャプテン(FW#16)今日の試合は立上がりから、ハードにプレーする事が出来た。第1ピリオドは点の取り合いになったが、第2ピリオド以降、守りを考え我慢のホッケーが出来た事が勝因だと思う。なかなか60分で勝つ事が出来ていなかったので、今日の勝利は自信になった。次の試合も60分勝利を目指したい。

梁取慎也選手(DF#77)のコメント
<アニャンハルラ 3回戦 11月18日>
梁取慎也(DF#77)韓国遠征の2試合は60分で勝利する事が出来なかったので、今日はどうしても勝ち点3を取りたかった。自分自身も良い時間帯にゴールを決める事ができ嬉しく思う。これからの試合も常に勝ち点3を取れるように、守りはもちろんスペシャルプレーも全力で頑張って行きます。



frameトップへ一覧に戻るframe
null (C) COPYRIGHT NIPPON PAPER INDUSTRIES. ALL RIGHT RESERVED.
null