null
日本製紙クレインズ
null
null
ゲームレポート
null
2012-2013アジアリーグ
日本製紙クレインズ 東北フリーブレイズ
日本製紙クレインズ1 2東北フリーブレイズ
DATE:3月12日(火) 19:00〜 PLACE:テクノルアイスパーク新井田 SCORE:得点結果はこちら(アジアリーグHP)>>
試合総評
 3月12日(火)東北フリーブレイズとのセミファイナル第3戦が、テクノルアイスパーク新井田で行われた。先勝を許したが、1勝1敗として釧路へ帰る事が決まっているクレインズではあるが、この第3戦に勝って王手をかけて戻りたいところだ。

 その第3戦、第1ピリオドは東北フリーブレイズの早いフォアチェックに苦しむクレインズ。ペースをつかむことが出来ずにむかえた13分、キルプレーから失点を許してしまい3試合連続で先制される。
 第2ピリオドに入り、序盤に東北フリーブレイズの速攻からDF#44ファリヌックに豪快にシュートを決められスコアは0対2となる。クレインズも何度かパワープレー(PP)のチャンスをむかえたが、攻めきれずに得点する事が出来ない。むかえた16分、この試合で怪我から復帰のFW#16小原のパスを受けたDF#77梁取が、相手に寄せられながらもゴール右隅へ決めて1対2と1点差に詰め寄る。
 第3ピリオド、なんとか追いつきたいクレインズだったが、PPをものにできず、尚も終了2分を切り6人攻撃に決定機を作ることができずに、1対2のスコアで惜しくも敗れ王手をかけられてしまった。

 次の第4戦は3月16日(土)クレインズのホーム釧路で行われる。釧路へ戻り第4戦に何とか勝って、ファイナル進出への望みをつないで欲しい。


監督のコメント
佐々木監督 <東北フリーブレイズ 第3戦 3月12日>
今日もお互いにフィジカルなでゲームだったと思う。ただ、PPでフィニッシュまで行けずスペシャルプレーの精度の差が出てしまった。3ピリに自分たちのスコアリングチャンスがあったが攻めきれず得点する事ができなかったことが敗因だと思う。プレー自体の中身は悪くなかったので、第4戦、釧路へ戻ってスペシャルプレーの精度を上げ修正し準備したい。


選手のコメント

小原キャプテン(FW#16)のコメント
<東北フリーブレイズ 第3戦 3月12日>
小原キャプテン(FW#16)今日の試合も先制点を取られてしまい重たい雰囲気だったが、点数を取り返してからは自分たちのペースに持って行けたと思う。最後の決めができなかったので、次はどんな形でもゴールをして優勢に試合を進めて勝ちたい。




photo
DF#77梁取が決めて、1点差まで詰める。

photo


frameトップへ一覧に戻るframe
null (C) COPYRIGHT NIPPON PAPER INDUSTRIES. ALL RIGHT RESERVED.
null