null
日本製紙クレインズ

試合結果
2013-2014アジアリーグ
日本製紙クレインズ 東北フリーブレイズ
日本製紙クレインズ1 1東北フリーブレイズ
DATE:9月10日(火) 19:00〜 PLACE:テクノルアイスパーク新井田 SCORE:得点結果はこちら(アジアリーグHP)>>
試合総評
 東北フリーブレイズとの3回戦は、中1日あけた9月10日(火)に行われた。

 立ち上がりからフリーブレイズの速いフォアチェックにかかる場面が多く、危ない場面もあったがGK#61石川を中心に守り抜く。両チームともに数回のスコアリングチャンスがあったが、決められずに第1ピリオドを終える。
 第2ピリオドの中盤、相手FWに裏を取られ、GK#61石川との1対1になり、後ろから追いついたFW#22ラジャがクリアするも反則を取られ、相手にペナルティショット(PS)を与えてしまう。これを決められ先制を許してしまう。クレインズも5人対3人のパワープレー(PP)のチャンスがあったが、得点できずに第2ピリオドを終える。
 第3ピリオド、1点を追う展開のクレインズ、開始6分過ぎにニュートラルゾーンでパックを受けたFW#30春田が、前を走るFW#16小原にパスを繋ぐと、そのまま持ち込み肩口にシュートを突き刺し1対1の同点とする。残り2分にはゴール裏で、FW#16小原からパスを受けたFW#30春田が、リターンを返してFW#16小原がそのままねじ込み逆転に成功する。そのまま逃げ切ったクレインズ、開幕からの連勝を3とした。

 次節は、9月14、15、17日ホーム釧路でチャイナドラゴン3連戦に臨む。


監督のコメント
佐々木監督 <東北フリーブレイズ 3回戦 9月10日>
立ち上がりから動きは良くなかったが、第3ピリオドまで粘り強いホッケーを続けたことが勝因であり、今日の勝ち点3は大きな収穫であった。次の地元でのチャイナドラゴン戦に向け、スペシャルプレーの精度を上げることを課題として臨みたい。


選手のコメント

外崎潤キャプテン(DF#2)のコメント
<東北フリーブレイズ 3回戦 9月10日>
外崎潤キャプテン(DF#2)今日のゲーム内容はあまり良くはなかったですが、立ち上がりのピンチをGK石川さんが守り、少ないチャンスを小原さんが、しっかり決めることができました。満足のできる内容ではありませんでしたが、3連勝できたことは嬉しく思います。次の釧路での試合も全力でプレーし、連勝していきたいと思います。

小原大輔選手(FW#16)のコメント
<東北フリーブレイズ 3回戦 9月10日>
小原大輔選手(FW#16)今日は立ち上がりから相手の早いプレッシャーに引っかかり厳しい展開だった。失点したあとに集中を切らさず戦うことができ、少ないスコアリングチャンスを確実に決めて勝ちに繋げられて良かったです。パワープレーで得点できていないので、修正して次の試合に臨みたいです。




photo

photo
frameトップへframe
null (C) COPYRIGHT NIPPON PAPER INDUSTRIES. ALL RIGHTS RESERVED.
null