null
日本製紙クレインズ

試合結果

アジアリーグアイスホッケー2014-2015 レギュラーリーグ

クレインズ 3 - 2 ハルラ

2014年11月 1日

試合結果

TEAM 1P 2P 3P OT GWS TO
1 0 1 0 1 3
シュート数 9 12 1 2 1 25
アニャンハルラ 1 1 0 0 0 2
シュート数 14 6 16 1 0 37

クレインズ得点経過

@44.R・ジャックマン(23.大澤、79.坂上)
A3.伊藤(11.西脇、13.C・イエローホーン)
B44.R・ジャックマン

試合内容

立ち上がりからハルラが押し込む展開となるが、4分にクレインズがDF#23大澤からのパスを、DF#44ジャックマンがロングシュートで決めてクレインズが先制する。しかし、その後もハルラのペースで試合は進み、10分にゴール前の混戦からシュートを決められ同点とされる。再三のピンチが訪れたがGK#70井上が追加点を許さず、同点のまま第1ピリオドを終えた。第2ピリオドから徐々にクレインズがペースを掴みかけるが、スコアリングチャンスを作れない。逆に15分にパワープレーのチャンスだったが、パスをカットされそのままカウンターで失点し、1−2と逆転されてしまう。第3ピリオド6分にパスを受けたFW#11西脇がサイドを駆け上がり、中央に走りこんだDF#3伊藤がレシーブせずに角度を変えたパックはそのままゴールに吸い込まれクレインズが2−2の同点に追いつく。その後は一方的に攻められたがGK#70井上が防ぎ切り同点まま第3ピリオドを終えた。延長でも勝負は決まらず、GWSへ。両チーム共に3人ではきまらず、ハルラの4人目も外したが、クレインズ4人目のDF#44ジャックマンが決めてクレインズがハルラに連勝した。なお、この試合でDF#23大澤選手が国内連続試合出場数500試合を達成しました。

コメント

【竹内監督】
立ち上がりから押され気味だったが粘り強く守り、第1ピリオドを同点で終えられた。少ないスコアリングチャンスをものにし、GWSで勝つことができた。明日もう一度勝利を目指してチャレンジしたい。
【FW#19佐藤キャプテン】
押し込まれる展開が多かったが、要所をしっかり守り、少ないチャンスを決めることが出来た。GK井上の働きが素晴らしく、何度も危ない場面があったが、好守でチームを救ってくれた。
【GK#70井上選手】
今日は相手に先制点を許し、パワープレーで勝ち越し点も許してしまいましたが、味方が同点にしてくれたので、何とかその2点を守ろうと思いました。ハルラの同い年のカナダ人GKにGWSで勝てたことは嬉しいです。

PHOTO

frameトップへframe
null (C) COPYRIGHT NIPPON PAPER INDUSTRIES. ALL RIGHTS RESERVED.
null