null
日本製紙クレインズ

試合結果

アジアリーグアイスホッケー2014-2015 レギュラーリーグ

クレインズ 2 - 5 サハリン

2015年2月 1日

試合結果

TEAM 1P 2P 3P OT GWS TO
1 1 0 2
シュート数 19 15 6 40
サハリンアイスホッケーチーム 2 0 3 5
シュート数 9 8 10 27

クレインズ得点経過

@18.重野(13.C・イエローホーン)
A13.C・イエローホーン

試合内容

2月1日からアウェイでのサハリン3連戦、初日は試合開始から押し気味に試合を進めたクレインズが開始5分、FW#18重野のゴール前から横に流したパスが相手DFの足に当たり、そのままゴールとなる。幸運なゴールでクレインズが先制するが、7分にロングシュートを決められ同点にされると、16分にも速攻から失点し1−2と逆転されてしまう。優勢に試合を進めながらもリードを許して第1ピリオドを終えた。チャンスはあるものの、相手GKの好守に阻まれてなかなか得点できなかったが、9分のキルプレー時にFW#13イエローホーンが単独で持ち上がり、相手DFをかわすとGKの股を抜く個人技でクレインズが2−2の同点に追いつく。後半相手の猛攻を受けたが、GK#70井上が好守で得点を許さず同点で第2ピリオドを終えた。第3ピリオド2分、相手の速攻からミドルシュート決められ、リードを許す。その後、中盤を支配されて、攻め込まれる場面が多く苦しい展開が続くと、8分にリバウンドを叩かれ2−4の2点差とされる。得点ができないまま時間は進み、6人攻撃ではスコアリングチャンスを作ったが得点はできず、終了間際に失点し、2−5で敗れた。

コメント

【竹内監督】
第2ピリオドまではスコアリングチャンスも多く、非常に良い流れでプレーしていたが、ほんのわずかな隙を突かれてしまい、それを決勝点とされてしまった。表情に上がっている選手の更なる集中力を求めたい。
【FW#19佐藤キャプテン】
今日は第2ピリオドまでは自分たちの流れで試合を進めることができたが、終盤に競り負けてしまった。最後のひと踏ん張りが足りなかった。
frameトップへframe
null (C) COPYRIGHT NIPPON PAPER INDUSTRIES. ALL RIGHTS RESERVED.
null