null
日本製紙クレインズ

試合結果

アジアリーグアイスホッケー2014-2015 レギュラーリーグ

クレインズ 2 - 3 フリーブレイズ

2015年2月21日

試合結果

TEAM 1P 2P 3P OT GWS TO
1 0 1 0 0 2
シュート数 5 9 15 2 0 31
東北フリーブレイズ 1 0 1 0 1 3
シュート数 10 9 15 3 1 38

クレインズ得点経過

@11.西脇(21.C・ワイズマン、3.伊藤)
A9.高木(18.重野、44.R・ジャックマン)

試合内容

プレーオフ進出のためには負けられないこの2連戦、立ち上がりはクレインズの足が良く動き、押し気味に試合を進める。8分に反則でキルプレーを迎えたが、カウンターでFW#21ワイズマン→FW#11西脇とわたり、GKをかわして得点しクレインズが先制する。しかし第1ピリオド残り1分を切ったところでカウンターから失点し、1−1の同点で第1ピリオドを終える。第2ピリオドは双方が慎重になり、中盤での展開が多く、スコアリングチャンスまで至らいまま第3ピリオドを迎える。クレインズは序盤から積極的に攻撃を仕掛けるが、相手GKの攻守に阻まれてなかなか得点ができない。時折攻められる場面があったがGK#70井上が耐え、得点を与えない。試合が動いたのは14分、FW#18重野がゴール裏から出したパスをFW#9木が叩き込み、クレインズが勝ち越し点を挙げる。しかし、残り2分半でミドルシュートを決められ2−2も同点に追いつかれてしまう。60分勝ちが必要なクレインズは6人攻撃をかけるが、得点はできず試合は延長戦に突入し、この時点でクレインズのプレーオフ進出の可能性は断たれてしまった。延長戦で試合は決まらず、GWSまでもつれたが、クレインズは得点を挙げる事ができず、GWS戦の末に敗北した。

コメント

【竹内監督】
プレーオフ進出には60分勝ちが絶対条件の今日の試合、選手たちには相当なプレッシャーがあったと思う。試合終了6分前でリードしていながら勝ちにつなげられなかったのは非常に残念で悔しい。シーズン最後の明日の試合は、内容とともに結果も求めたい。
【FW#19佐藤キャプテン】
今日の試合は内容は悪くは無かったが負けてしまった。結果を出さないといけない試合だったが、それが出来ず、目標を達成できなくなったのが非常に悔しい。大事な試合で勝負強さが足りなかった。
frameトップへframe
null (C) COPYRIGHT NIPPON PAPER INDUSTRIES. ALL RIGHTS RESERVED.
null