null
日本製紙クレインズ

試合結果

アジアリーグアイスホッケー2015-2016 レギュラーリーグ

クレインズ 3 - 2 イーグルス

2015年8月30日

試合結果

TEAM 1P 2P 3P OT GWS TO
2 0 1 3
シュート数 8 7 6 21
王子イーグルス 0 0 2 2
シュート数 6 10 12 28

クレインズ得点経過

@48.上野(20.W・ラビット、55.秋本)
A77.梁取(11.西脇、18.重野)
B11.西脇(28.J・ラベッキオ、77.梁取)

試合内容

2戦目、試合開始から両チーム共に運動量があり、激しい主導権争いが展開された。先制したのはクレインズ。4分にパワープレーでFW#20ラビットからのパスをゴール正面で受けたFW#48上野が押し込み、移籍後初ゴールでクレインズが先制した。一進一退のゲーム展開が続いたが、15分にクレインズが一人少ないキルプレーでカウンターとなり、FW#18重野からのパスを受けたFW#11西脇がオープンサイドに走り込んだDF#77梁取に繋ぎ、完璧なカウンターでクレインズが貴重な追加点を挙げた。第2ピリオドは序盤にチャンスを掴んだが得点できず、逆に中盤からは守勢に回る展開となった。しかしGK#70井上が前日と同様に好守を見せ得点を許さず、クレインズが2点リードを保ったまま第2ピリオドを終えた。第3ピリオドの序盤から相手に押し込まれる展開となったが、何とか失点せずに凌ぎ、時間は経過していく。しかし残り4分、相手のロングシュートをゴール前で角度を変えられ失点してしまい、2-1の1点差に迫られる。だが、その1分半後、FW#28ラベッキオからパスを受けたFW#11西脇がゴールを決め、再び2点差に突き放す。その後キルプレー時に6人攻撃で失点するが、このまま逃げ切り、開幕2連勝を飾った。

コメント

【竹内監督】
速いフォアチェックからパックを奪い、最後はシュートで終わるという良い流れだった。守りの意識が高くなってきているので、今後はその質を良いものにしていきたい。
【FW#19佐藤キャプテン】
今日の試合は序盤から相手の攻撃に押され、守る時間が多かったが少ないチャンスで得点することができた。終始リードする展開で試合を進められたのが勝因だと思う。
【FW#11西脇選手】
今日の試合は昨日の反省点を修正し臨んだ。先制し、終始リードしたまま試合を進められた。自分自身、良い時間帯でゴールを決めることが出来、チームの勝利に貢献できて良かったです。
frameトップへframe
null (C) COPYRIGHT NIPPON PAPER INDUSTRIES. ALL RIGHTS RESERVED.
null