null
日本製紙クレインズ

試合結果

アジアリーグアシスホッケー2015-2016 レギュラーリーグ

クレインズ 1 - 4 サハリン

2015年9月 6日

試合結果

TEAM 1P 2P 3P OT GWS TO
0 1 0 1
シュート数 14 13 2 29
サハリンアイスホッケーチーム 2 2 0 4
シュート数 15 8 12 35

クレインズ得点経過

@22.J・クレイグ(36.高見、48.上野)

試合内容

ユジノサハリンスクでのサハリン第1戦、試合開始7分、クレインズは同時に2人がペナルティを犯し、3人対5人のキルプレーとなる。このキルプレーでロングシュートを決められ先制を許してしまう。反撃に出たいクレインズは15分にパワープレーのチャンスを掴むが、逆に個人技でDFラインを突破され追加点を与えてしまい、2点差のまま第1ピリオドを終える。パワープレーから始まった第2ピリオド1分過ぎに、FW#48上野のシュートをFW#36見が転びながらもゴール前のDF#22クレイグに繋ぎ、これをあわせてクレインズが1点差に詰め寄る。流れがクレインズに傾き、スコアリングチャンスが続き攻勢になったところでターンオーバーから、失点を許し再び2点差にされる。更に18分にはミドルシュートを決められ3点差とされた。攻勢に出たいクレインズだったが、中盤を支配され思うようにパスが繋がらず、シュートまで持っていく事が出来ない。GK#70井上が再三のピンチを好守で防ぐも、攻撃が単調に終わり得点が動かないまま1対4で敗れた。

コメント

【竹内監督】
攻撃的なサハリンに対し常に先手を許し、リスクの多いプレーが目立った。明日はさらに守る意識を高く持ち、クレインズのペースで戦い勝利したい。
【FW#19佐藤キャプテン】
今日の試合は、チャンスは作ることは出来たが、決定力に欠けた。逆に反則が多くなり、相手に流れを渡してしまった。自分たちのやるべきことをもう一度再確認して次の試合に繋げたい。

PHOTO

frameトップへframe
null (C) COPYRIGHT NIPPON PAPER INDUSTRIES. ALL RIGHTS RESERVED.
null