null
日本製紙クレインズ

試合結果

アジアリーグアイスホッケー2015-2016 レギュラーリーグ

クレインズ 2 - 3 ハルラ

2015年10月11日

試合結果

TEAM 1P 2P 3P OT GWS TO
0 2 0 0 0 2
シュート数 8 16 3 3 0 30
アニャンハルラ 0 2 0 0 1 3
シュート数 7 16 11 2 1 36

クレインズ得点経過

@4.坂田(28.J・ラベッキオ、18.重野)
A92.池田(19.佐藤、36.高見)

試合内容

第2戦は、両チーム共に慎重なプレーに終始し、守りを意識した展開となった。スコアリングチャンスも少なく、中盤での攻防が続いた。両チーム共に得点は無く、0-0のまま第1ピリオドを終えた。第2ピリオド2分、カウンターからのリバウンドを押し込まれて先制を許してしまう。更に13分にはロングシュートを決められ2点差とされたが、その2分後、クレインズはパワープレーでDF#4坂田が鮮やかに肩口を抜き、1点差に迫ると、18分にはFW#19佐藤のパスをFW#92池田が押し込み2-2の同点に追いついた。第3ピリオドは相手のペースとなるが、GK#70井上の好守もあり得点を許さない。苦しい時間帯が続いたが無失点で凌ぎ、試合は延長戦に突入した。延長戦でピンチはあったが、得点を許さない。そのままスコアは動かずGWSまでもつれ、5人目まで進んだところで決められて力尽き、クレインズはGWSで敗れ、1勝1敗で釧路でのハルラ戦を終えた。

コメント

【竹内監督】
2ピリにお互いに2点ずつを取ってからもビッグチャンスがあったが、それらを決めきれずGWSまでもつれた。得点を挙げることも大事だが、守りの意識ももっと高めていきたい。
結果敗れはしたが、ハルラ相手に2日で勝点4を取れたことは大きい。
【FW#19佐藤キャプテン】
2点ビハインドを追い付き、こちらに流れが来そうなところで相手もギアを上げてきた。負けはしたが井上が最後まで頑張ってくれ、勝ち点1を拾い最低限の試合は出来た。
frameトップへframe
null (C) COPYRIGHT NIPPON PAPER INDUSTRIES. ALL RIGHTS RESERVED.
null