null
日本製紙クレインズ

試合結果

アジアリーグアイスホッケー2015-2016 レギュラーリーグ

クレインズ 5 - 2 フリーブレイズ

2015年11月28日

試合結果

TEAM 1P 2P 3P OT GWS TO
2 2 1 5
シュート数 10 10 10 30
東北フリーブレイズ 0 1 1 2
シュート数 8 7 9 24

クレインズ得点経過

@48.上野(77.梁取、26.羽пj
A48.上野(77.梁取)
B77.梁取(18.重野、48.上野)
C48.上野(77.梁取、18.重野)
D18.重野(48.上野、9.高木)

試合内容

新横浜での国内4チーム集結戦、1日目は東北フリーブレイズと対戦。立ち上がりからクレインズの足が良く動き、試合を優位に進めると、開始2分過ぎにパワープレーでFW#48上野がロングシュートを決めてクレインズが先制する。更に14分にはまたもFW#48上野がバックハンドでゴールを決めて2-0と点差を広げる。クレインズがスコアでも内容でも圧倒して第1ピリオドを終えた。第2ピリオドもクレインズの勢いは止まらない。5分にDF#77梁取がゴール前の混戦でパックを押し込み3点差にすると、15分にはFW#48上野がハットトリックとなるミドルシュートを決めてスコアを4-0とした。18分にロングシュートで失点したものの、3点差をつけてこのピリオドを終えた。第3ピリオドの序盤はやや相手のペースとなったものの、GK#70井上がしっかりと守り得点を与えず、8分にゴール前でパスを受けたFW#18重野がゴール左に決めて再び4点差とし、試合を決定づけた。残り3分で失点したがリードを守り抜き、クレインズが5-2で勝利し、連敗をストップさせた。

コメント

【竹内監督】
課題であった早いプレッシャーと、早いバックチェックが出来ていてコンスタントにスコアリングチャンスを作れていた。次のチャレンジは今日の様な質の良いホッケーを続けていくことである。
【FW#19佐藤キャプテン】
今日の試合は自分たちの良いところを60分間続けることができた。このような試合を続けていく事が重要なので、明日の試合も集中して臨みたい。
【FW#48上野選手】
連敗中でセットを変更するなど、チームとして不安点があったが、3得点できて勝利に貢献できたのは嬉しい。セットの呼吸もあっているので、次の試合でも連勝できるように得点で貢献していきたい。

PHOTO

frameトップへframe
null (C) COPYRIGHT NIPPON PAPER INDUSTRIES. ALL RIGHTS RESERVED.
null