null
日本製紙クレインズ

試合結果

アジアリーグアイスホッケー2015-2016 レギュラーリーグ

クレインズ 3 - 7 ハルラ

2016年1月 9日

試合結果

TEAM 1P 2P 3P OT GWS TO
1 0 2 3
シュート数 7 10 17 34
アニャンハルラ 2 1 4 7
シュート数 10 12 15 37

クレインズ得点経過

@48.上野(77.梁取)
A19.佐藤(11.西脇、3.伊藤)
B48.上野(18.重野、77.梁取)

試合内容

韓国での集結戦2連戦、初日はハルラと対戦。試合開始直後からクレインズの押し込む展開が続くが、徐々に相手にペースを掴まれ、10分にDFゾーンで守備を崩されフリーでシュートを打たれて失点する。13分にも追加点を奪われてしまいスコアは2-0。その後は防戦一方の展開となった。しかし18分にDF#77梁取からのパスを受けたFW#48上野が一人で持って上がりミドルシュートを肩口に突き刺し1-2で第1ピリオドを終えた。第2ピリオドは相手の攻撃をクレインズが凌ぐ展開となるが、GK#70井上の好守もあり追加点を許さなかったが、9分にリバウンドを押し込まれて2点差とされてしまう。その後も相手の猛攻を受けたが守りきり、なんとか2点差で堪える。第3ピリオド序盤、追いつきたいクレインズは積極的に相手ゾーンへ攻め入るもなかなかチャンスを掴むことが出来ない。逆に7分、守備の乱れから失点してしまう。しかし直後にFW#19佐藤がFW#11西脇からのパスを冷静に流し込み再び2点差に迫る。1分後にまたも失点してしまい流れを掴むことが出来ない。11分にも失点したが、すぐにFW#48上野がリバウンドを押し込み得点するも、17分にも失点し最終的に3-7で敗れて初戦を落としてしまった。

コメント

【竹内監督】
試合の入りは良かったが相手の運動量に苦しめられた。リスクのあるプレーを連発し失点する度にチームの勢いの差を感じた。ストレスの多い試合だったが明日の試合はしっかりと戦い、勝ち点3を取りたい。
【FW#19佐藤キャプテン】
今日の試合は相手にリードを許してからの我慢強いプレーが出来なかった。相手も力強いプレーをしてきたが、しっかり耐えてチャンスに繋げるような試合をしなくてはならなかった。明日の試合ではしっかり修正して結果に繋げたい。
frameトップへframe
null (C) COPYRIGHT NIPPON PAPER INDUSTRIES. ALL RIGHTS RESERVED.
null