null
日本製紙クレインズ

試合結果

アジアリーグアイスホッケー2015-2016 レギュラーリーグ

クレインズ 3 - 1 ハルラ

2016年2月27日

試合結果

TEAM 1P 2P 3P OT GWS TO
0 2 1 3
シュート数 9 15 14 28
アニャンハルラ 1 0 0 1
シュート数 6 5 15 26

クレインズ得点経過

@48.上野(11.西脇)
A28.J・ラベッキオ(55.秋本、26.羽пj
B18.重野(11.西脇、23.大澤)

試合内容

東伏見で日韓集結戦の1日目はハルラと対戦、試合開始から押し込まれる展開になり、多くのスコアリングチャンスを作られる。すると8分ゴール裏からのパスをゴール前でフリーで合わされて先制を許す。しかしこの失点から立て直し、徐々にクレインズがペースを掴み始めた。スコアリングチャンスは無いものの、攻め込む場面が多く見られた。第2ピリオド6分、反則で一人少ないキルプレーを迎えるがFW#11西脇からのパスを受けたFW#48上野が単独で切り込んでミドルシュートを放つとゴール右サイドに決まり、FW#48上野のキルプレーゴールでクレインズが同点に追いついた。更に17分にはクレインズのパワープレーでDF#55秋本のシュートをゴール前でFW#28ラベッキオが角度を変えて得点し、クレインズが逆転に成功した。第3ピリオド4分、パワープレーでFW#11西脇のパスをFW#18重野が決めて2点差とする。その後、相手の猛攻にさらされたがGK#70井上の好守で得点を許さず、クレインズが3-1で逃げ切って連敗を5で止めた。

コメント

【竹内監督】
守りのミスから先制を許したが、全員がシンプルなプレーを心掛けて同点、逆転といい形で試合を運べた。第3ピリオドに猛攻を受けるもGK井上の好守で得点を許さなかった。明日も勝ちとともに内容を求めたい。
【FW#19佐藤キャプテン】
今日の勝因はGK井上の好守に尽きる。危ない場面を何度も救ってくれ、チームに勢いをもたらした。後半リードを奪ってからはリスクの少ないプレーを選択し、相手に反撃のきっかけを与えなかったのも勝因のひとつ。今日の様な試合を続けていかなければならない。
【GK#70井上選手】
先制を許してしまったが、その後はしっかりと守ることが出来た。明日でレギュラーシーズンが終わるが、今日と同じように好守でチームに貢献し、プレーオフに弾みをつけたい。
frameトップへframe
null (C) COPYRIGHT NIPPON PAPER INDUSTRIES. ALL RIGHTS RESERVED.
null