null
日本製紙クレインズ

試合結果

プレーオフ セミファイナル第2戦

クレインズ 1 - 5 サハリン

2016年3月14日

試合結果

TEAM 1P 2P 3P OT GWS TO
0 0 1 1
シュート数 5 13 4 22
サハリンアイスホッケーチーム 1 1 3 5
シュート数 13 7 7 27

クレインズ得点経過

@18.重野(77.梁取、48.上野)

試合内容

セミファイナル第2戦、クレインズは試合開始直後に相手の猛攻を受けると、リバウンドを押し込まれて17秒で先制点を与えてしまう。この得点を機に流れが相手に傾き、立て続けにスコアリングチャンスを作られるが、何とかDF陣が踏ん張り追加点を与えない。ピリオド後半は持ち直したものの苦しい立ち上がりとなった。第2ピリオドは段々とクレインズがリズムを取り戻す。だが、決定機は何度かあったが活かしきれずにいると、12分にキルプレーでパスの角度が変わる不運なゴールで追加点を奪われてしまう。第3ピリオド6分、クレインズのキルプレーでターンオーバーから失点し、3点差とされたが、直後のパワープレーでDF#77梁取のパスをFW#18重野が叩き、クレインズが1点を返し2点差とした。しかし、その後は決定機を作ることは出来ず、6人攻撃を仕掛けるも2失点してしまい、最終的に1-5で敗れ、シリーズ0勝2敗と追い込まれてしまった。

コメント

【竹内監督】
今日は昨日負けているだけに、勝ってイーブンにして釧路へ行くという事を決めたい試合だった。大事な試合だからではないが立ち上がり早々に失点してしまった。格上のサハリンとの試合では簡単に失点してしまうと厳しくなってしまうので、ロースコアの展開に持ち込まなくてはいけない。次の試合は浮き足立った試合をしない様に、しっかりスタートから集中して挑みたい。
【FW#19佐藤キャプテン】
序盤に失点したが、徐々に守りも安定してペースを掴みつつあった。しかしチャンスを活かせず追加点を許し苦しい展開となってしまった。もう一歩で勝利できるところまでは来ているので次の試合では全力で勝ちに行きたい。

PHOTO

frameトップへframe
null (C) COPYRIGHT NIPPON PAPER INDUSTRIES. ALL RIGHTS RESERVED.
null