null
日本製紙クレインズ

試合結果

プレーオフ セミファイナル第3戦

クレインズ 0 - 7 サハリン

2016年3月15日

試合結果

TEAM 1P 2P 3P OT GWS TO
0 0 0 0
シュート数 7 10 6 23
サハリンアイスホッケーチーム 1 3 3 7
シュート数 11 8 7 26

試合内容

王手を掛けられて臨んだ第3戦は、立ち上がりから押され気味の展開になるも、要所を締めて相手に得点を与えない。無得点のままピリオドが終わると思われたが、第1ピリオド終了3秒前にリバウンドを押し込まれて痛恨の失点をしてしまう。第1ピリオド終了間際の失点のせいか、第2ピリオドは防戦一方の展開となる。立て続けにスコアリングチャンスを作られ、3分、9分、15分と追加点を許し、一気に突き放された。クレインズも得点のチャンスはあったが、相手GKの好守に阻まれ得点はならなかった。第3ピリオドに入っても相手の勢いは衰えない。4分、6分にも失点し0-6と大きく離されてしまう。クレインズのチャンスも多々あったが得点には至らなかった。17分にも更に1点を失って0-7の大差で敗れ、2015-2016シーズンを3位で終えた。

コメント

【竹内監督】
何としてもこの一戦を制し、釧路に戻るために集中し試合に挑んだ。立ち上がりはサハリンの動きが鈍く、前日のような勢いがなかった。このまま第1ピリオドを0−0で終りたかったが、終了3秒前に失点してしまった。この失点がサハリンに火をつけたのか、2Pからの猛攻は連勝している勢いそのままに連続得点を献上してしまった。後の無い状況で戦い、先制点、追加点を許していくうちにリズムを崩され大量失点になってしまった。
【FW#19佐藤キャプテン】
勝たなくてはならない試合だったが、相手の力強いプレーに徐々に押し切られ敗戦した。何としても釧路へ戻って試合をしたかったが、叶わずにとても悔しい。釧路で待ってくれているファンの方に申し訳ない気持ちで一杯です。
frameトップへframe
null (C) COPYRIGHT NIPPON PAPER INDUSTRIES. ALL RIGHTS RESERVED.
null