null
日本製紙クレインズ

試合結果

日本製紙クレインズ 2−1 栃木日光アイスバックス

2016年12月25日

試合結果

TEAM 1P 2P 3P OT GWS TO
0 2 0 2
シュート数 7 9 13 31
栃木日光アイスバックス 0 1 0 1
シュート数 10 10 17 37

クレインズ得点経過

@#55.ボラー(#48.上野 #17.ウォルター)
A#28.ラベッキオ(#55.ボラー #36.見)

コメント

<竹内監督>
1ピリのテンポの良いプレーを2ピリも続け、パワープレーのチャンスで2点を挙げる事ができた。3ピリの流れはバックスだったが何とか1点のリードのまま逃げ切った。クレインズには大きな勝ち点3である。明日も勝利を目指す。









<梁取選手>
全日本選手権に負けた相手に勝てた事が嬉しい。そそて、2-1のロースコアで締まった試合ができた。まずはまた明日の試合に向けて良い準備をしたい。







<井上選手>
全日本選手権が4位に終わりアジアリーグこそ制覇するという新たな気持ちで臨んだ試合でした。今日は全員の気持ちのこもったプレーで1点差ゲームを物にする事ができました。年内あと3試合、1試合も落とさないつもりで気を引き締めて連戦に臨みたいと思います。
frameトップへframe
null (C) COPYRIGHT NIPPON PAPER INDUSTRIES. ALL RIGHTS RESERVED.
null