独自技術で希少種や桜の名木を保存容器内挿し木技術とは

「容器内挿し木技術」では、光合成が旺盛になるさまざまな光の波長、十分な水分、大気中の2~3倍の炭酸ガスを与える環境を特殊な培養室と培養容器でつくり出します。この環境は、温度や湿度も最適な状態を保ち、植物の光合成能力を最大限に引き出します。これによって、生長に必要な根が出やすくなり、従来は挿し木では根が出なかった植物でも根が出るようになります。