社会への責任リサイクルプラザ「紙遊館」について

手すき体験のようす
手すき体験のようす

リサイクルプラザ「紙遊館」は、紙が資源として再利用される古紙リサイクルの必要性について、より多くの皆さんに知ってもらいたい、そうした願いから1999年10月20日(リサイクルの日)に誕生しました。
「紙遊館」は、日本製紙株式会社北海道工場旭川事業所に併設されていますが、建物はかつての工場診療所を再利用しています。
館内は、植林や間伐の理解促進を目的とした展示コーナーや、紙の原料となるチップや巻取(紙をロール状に巻いたもの)に触れることができるふれあい広場、製紙工程や古紙の分別について学ぶことができる研修室などがあります。また、手すき体験コーナーでは回収した牛乳パックを使ってはがき作りを体験することができます。