お知らせ第1回「東北 森と紙のなかよし学校」を開催~日本製紙グループの自然環境教室~

株式会社日本製紙グループ本社

日本製紙グループの日本製紙株式会社(社長:芳賀義雄)は、宮城県石巻市に所有する佐須浜社有林を活用し、同社の石巻工場(宮城県石巻市、工場長:倉田博美)の見学を織り込んだ自然環境教室、第1回「東北 森と紙のなかよし学校」を8月7日(土)に開催します。

「森と紙のなかよし学校」は、日本製紙グループによる社会貢献活動の一環として、社有林(全国で約9万ヘクタール)を活用し、「森」と「紙」のつながりを体験する活動です。2006年に群馬県・菅沼社有林でスタートし、2007年からは熊本県・豊野社有林においても開催しています。さらに昨年のトライアルを経て、今年は本格的に東北地方に展開することになりました。プログラムは、グループ社員の持つ知識や経験を生かして独自に考案したもので、日帰りで、参加者に自然の中で「森」と「紙」に親しんでいただくことを目指します。

当日は、一般公募で集まった小学生とその保護者、21人が参加する予定です。約20人のグループ社員がスタッフとなり、クイズを楽しみながら石巻市渡波に日本製紙が所有する緑豊かな佐須浜社有林をハイキングする『森を歩こう!』、同社有林で小枝を拾い、木からパルプができるまでを学びながら、世界に1枚だけのオリジナルのはがきを作る『小枝から紙を作ろう!』、石巻工場で実際の製造現場のようすを見学する『製紙工場を見学しよう!』、という3つのプログラムに取り組みます。子どもから大人まで、自然のすばらしさ、モノづくりの感動、そして環境への思いやりを体感することができる1日となっています。

これらのプログラムを体験することにより、生活に身近な紙は木を原料としていること、紙づくりには水や薬品が必要であることなどを知り、環境への意識を高めるとともに、紙の原料となる木を増やす製紙会社の取り組みなどについて、理解を深めるキッカケとなることを目指します。

なお、当社グループは、9月25日から1泊2日間で、群馬県・菅沼社有林において第10回目となる「丸沼高原 森と紙のなかよし学校」を開催する予定です。

【開催概要】

開催日 : 2010年8月7日(土)
場 所 : 日本製紙石巻工場(宮城県石巻市南光町2-2-1)
佐須浜社有林(石巻市渡波)
参加者 : 小学生とその保護者 21人
主 催 : 株式会社日本製紙グループ本社

【スケジュール/プログラム詳細】

8時30分 日本製紙石巻工場集合、開校式
9時00分 佐須浜社有林へ向け出発

『森を歩こう!』(佐須浜社有林)

9時45分~11時00分
緑豊かな社有林内をガイド役のグループ社員が木々や草花の説明をしながら、約1時間かけて散策します。散策では社有林に関するクイズにも挑戦し、森林に関する知識を深めます。

昼食/サンファン館にてお弁当(11時15分~12時)

『小枝から紙を作ろう!』 『製紙工場を見学しよう!』(日本製紙石巻工場)

13時00分~16時00分
『小枝から紙を作ろう!』では、佐須浜社有林で各自が拾った小枝を削ってチップを作り、パルプをつくった後、紙抄き体験を行います。また、石巻工場で実際に生産しているパルプも使いながら世界に一枚だけのオリジナルのはがきを作ります。
『製紙工場を見学しよう!』では巨大な製紙プラントをはじめ、モノづくりのダイナミックな現場を見学します。木材チップから紙へと変化するようすを実際に見ることで、紙づくりには、木や水、化学薬品が必要なこと、身近な紙がどのように造られているかなどを学びます。

16時00分 閉校式(日本製紙石巻工場)、解散

  • スケジュールおよびプログラムは天候や開場の都合などにより変更になる場合があります。

以上