お知らせ平成24年度「木づかい運動」「東日本大震災復興特別部門」で表彰

日本製紙木材株式会社

日本製紙グループの日本製紙木材株式会社(社長:岩渕 正廣)は、平成24年度「木づかい運動」顕彰の東日本大震災復興特別部門で表彰され、10月1日、東京都内で行われた贈呈式において財団法人日本木材総合情報センター理事長感謝状を授与されました。

林野庁が推進する「木づかい運動」(※)とは、国産材の積極的な利用を促進することにより、山村に活気をもたらし、二酸化炭素を吸収する豊かな森林づくりを進める運動で、毎年10月は特に「木づかい推進月間」として国産材の積極的な利用を推進する行事やイベントが多く行われています。

本年度の「木づかい運動」顕彰では、特に東日本大震災の復興・復旧に関する取り組みで功績のあった企業・団体を表彰する特別部門が設けられており、当社は、内航船を活用して、震災により操業が停止した日本製紙株式会社(社長:芳賀 義雄)の石巻工場(宮城県石巻市)などに納入できなくなった製紙用チップを、関東地方および西日本へ移出した取り組みが評価されました。この取り組みにより、東北地方の製材工場やチップ工場は操業停止を回避し、震災からの復興資材等の安定供給に寄与するとともに、東北地方のチップ供給を継続させ、国産材消費に与える震災の影響を最小限に抑えることにも貢献しました。

石巻港チップ集荷
港湾施設復旧後の石巻港にチップを集荷し、内航船で移出

当社は、今後も木質資源の安定供給に努め、国産材の利用を広げてまいります。

(※)木づかい運動 http://www.kidukai.com/

以上