事業とCSR

総合バイオマス企業としての持続可能なビジネスモデルと事業概要

日本製紙グループは、森林を持続的に育成・管理しながら、その豊かなバイオマス資源を無駄なく有効に利用・リサイクルしていく総合バイオマス企業です。
暮らしに不可欠な製品を広く社会に提供するとともに、事業活動を通じて地球温暖化防止、生物多様性保全、資源枯渇防止に貢献しています。

持続的な森林経営

森林は、地球温暖化防止や水源涵養に加えて、多様な生物のすみかとなることで生物多様性保全にも役立つなど、さまざまな機能を有しています。伐採後に植林などを行うことで森を再生し、永続的に森の恵みを活用します。

カーボンニュートラル(炭素循環による地球温暖化防止)

木は、生長過程で大気中のCO2を吸収・固定しています。木質資源を燃やして発生したCO2は、生長過程で吸収したCO2と相殺され、大気中のCO2を増加させない(カーボンニュートラル)と考えられています。適切に管理された持続可能な森林から調達する木質資源を有効活用し続けることで炭素を大気中に増やすことなく循環させています。

紙製品のリサイクル

日本製紙グループは、お客さまや市民の皆さまのご協力のもと古紙回収率の維持・向上に努めています。また古紙処理能力を強化するとともに、古紙からつくるパルプの用途拡大にも取り組んでいます。

木のカスケード利用

日本製紙グループは、蓄積してきた木材科学技術をさらに発展させながら、1本の木を用途別に多段階(カスケード)で利用しています。また、使用エネルギーの約半分をバイオマス燃料でまかなっているほか、バイオマス燃料の開発も進めており、枯渇性資源である化石燃料の使用抑制に貢献しています。

日本製紙グループの事業概要

紙・板紙事業

《事業内容》生産・販売量と品質で国内業界をリード。国内では洋紙事業の生産体制再編成を進める一方、アジア・環太平洋地域を中心に海外市場にも展開しています。
《対象顧客》新聞社、出版社、印刷会社、文具メーカー、官公庁など

建築廃材など

印刷用紙

RPF

段ボール原紙

生活関連事業

《事業内容》パッケージ、家庭紙・ヘルスケア、ケミカルの3つの事業分野があります。いずれも生活に密着した製品を手がけ、成長分野と位置付けています。北米に液体用紙容器原紙の製造・販売拠点を獲得するなど海外展開も進めています。
《対象顧客》飲料メーカー、量販店、病院・介護施設、一般企業、一般消費者など

建築廃材など

家庭紙

RPF

飲料容器

RPF

機能性フィルム

木材・建材・土木建設関連事業

《事業内容》紙の原料である木質資源の調達ノウハウを活かした木材事業では国産材に強みを持っており、国産材の素材・製品への活用にも力を入れています。また、製紙工場のプラントメンテナンス技術を活かした土木建設関連事業を展開しています。
《対象顧客》建材・住宅メーカー、施工会社、一般消費者、官公庁など

建築廃材など

製材品

RPF

内装用建材

エネルギー事業

《事業内容》製紙工場における自家発電の操業ノウハウを活かした事業で、成長分野と位置付けています。既存発電設備の活用、木質バイオマスを活用した電力供給の拡大を進めています。さらに太陽光発電や風力発電事業も行っています。
《対象顧客》電力会社

石巻雲雀野発電所

石巻雲雀野発電所

その他事業

《事業内容》社有地などのグループ資産を活用したスポーツ・レジャー事業、グループ各社の製品や資材の輸送を担う物流事業を行っています。

建築廃材など

レジャー事業

RPF

物流事業