1. TOP
  2. お茶の抗酸化力

お茶の抗酸化力

日本茶の抗酸化パワーって?

「アンチエイジング」「抗酸化」「身体のサビを防ぐ」……こんな言葉が気になりませんか?いつまでもみずみずしいお肌や、元気な身体をキープするための大事なキーワードなのです。でも具体的にどうすればいいのかわからない、そんな方が多いのかも。
手軽にできる抗酸化のひとつが、日本茶を飲んで「カテキン」を摂ることなのだとか。実は新しい品種のお茶に、さらに女性がイキイキ過ごせるヒミツがありそうです。その不思議な日本茶『サンルージュ』の生みの親である農学博士の山本万里先生に、とっておきのお話を教えていただきましょう。

農学博士 山本万里先生の写真
農学博士 山本万里先生

日本の農と食に関する研究開発を行う「独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構」で様々な茶葉の研究を担当する。日本茶インストラクターの資格も持つお茶のエキスパート。

知っているようで知らなかった、日本茶の効果に注目!

そもそも、お茶のカテキンは何にいいのでしょうか?

カテキンは、お茶の渋みの部分に多い成分です。身体の酸化を抑える効果があることで知られていますね。酸化とは、いわば金属にサビが出るようなもの。体内が酸化すると、生活習慣病やお肌のしみ・しわ、白髪など、様々な老化の原因になると言われています。
日本茶のカテキンは抗酸化作用が高いだけでなく、抗菌作用、コレステロール低下作用、体脂肪の低下作用、抗アレルギー作用、血圧上昇を抑える効果などが報告されているんですよ。

新しく生まれた日本茶には、カテキン以外にもうれしい成分が!

日本茶を積極的に飲むと、いいことがありそうですね。

私自身も、濃いめに淹れた日本茶をよく飲んでいます。夜遅くまで研究が続いたり、家庭との両立で忙しくても、元気で風邪をひきにくいのはお茶のおかげかもしれません。日本茶をよく飲む静岡県では、健康寿命が男性、女性とも上位であることが知られています。実は、カテキン以外にも特に注目してほしい成分があります。それは、ベリー類などに多く含まれる「アントシアニン」。普通の日本茶には少ないものなのですが、『サンルージュ』という新しい品種には豊富に含まれています。これは、ちょっと不思議なお茶だと思いますね。

偶然の出会い。不思議な赤いお茶『サンルージュ』のこと

今までにないお茶『サンルージュ』は、どうして生まれたのでしょう?

日本茶の葉と言えば、本来緑色ですよね。でも、サンルージュは赤い色なんです。
それは、本当に偶然の出会いでした。私たちは日ごろ多くの茶葉を研究していますが、まれに赤い芽が出ることがあります。いつもなら変種として抜いてしまっていて(笑)。でも、もしやこの赤い色に何かあるのでは……と調べてみたら、アントシアニンの1種である「デルフィニジン」という成分がとても豊富だということがわかりました。

希少価値のあるお茶だから、手間と時間をかけて大事に育てる

アントシアニンが多いと、普通のお茶とどう違うのでしょうか?

アントシアニンも抗酸化作用があると言われ、カテキンとプラスすると、その効果が高まることが期待されます。また、目のピント調節に役立つようにある酵素の活性を抑えるという研究データも出ています。
サンルージュは「茶中間母本農6号」という品種がもとになっているのですが、収穫量が少なくて栽培が難しいんですよ。今、農家の方には、とても手をかけて育てていただいています。
太陽の中で育つ赤い新芽が口紅のようだとイメージして、『サンルージュ』と名づけられました。お茶の苗木にカタカナの名がついたのは初めてです。それだけ特別なお茶ということでしょうね。

万里先生お薦め!
1日の終わりは『サンルージュ』でリラックス

『サンルージュ』は、特に女性に飲んでほしいそうですね。

そうなんです。ひとつは、もちろん抗酸化効果が期待でき、女性の健康にお役に立つのではないかと思うこと。そしてもうひとつは、サンルージュならではのいやし効果です。これは女性の好きな赤い色が特長のお茶です。忙しかった1日が終わり、お風呂でのんびりした後に飲んでみてください。ガラスのポットやカップを使い、少しレモンなどをたらすと赤い色がより引き立ち、目でも楽しめます。スペシャル感のある赤いお茶でホッとひと息ついたら、とても素敵なリラックスタイムになるでしょう。

あなただけのアレンジで、特別な『サンルージュ』を楽しんで!

普通のお茶のように淹れて飲むのですか?

日本茶はそのまま飲むイメージがありますが、サンルージュは楽しいアレンジもできるんですよ。レモンやライムなどを絞ったら、お茶の色がさらに鮮やかなピンクに。ミネラルたっぷりの黒糖を入れてホットで飲むと、疲労回復や睡眠の質がアップする効果が期待できます。
体を温めるしょうがやシナモンを入れたり、お茶ならではの渋みがあるので、はちみつなど甘味を足すのあもお薦めです。お好きな材料を加えて、オリジナルのお茶を作ってみてくださいね。早く皆さんのお手元にお届けして、味わっていただける日を私も楽しみにしています!