School POP研究室

School POP研究室

市場でニーズの高いストローレス化を学校給食用牛乳で実現する紙容器です。児童・生徒も簡単に開封でき、ストローを使用することなく容易に飲用可能で、身近なところから使い捨てプラスチックを減らせます。

通常のゲーブル(屋根型)容器と異なり、給食用ミニカートンは屋根部の隙間がせまく、指を入れにくい構造です。屋根型の下部に工夫をほどこし、開封時に指を導入し易く容易に開封できます。

  • 独自の罫線により注出口の傾斜を調整、スムーズに液が注出、飲用できます。

  • 充填工場においては本製品の使用にあたって充填機の新設は不要で、既設の充填機※の一部部品を変更・調整することで兼用可能です。包装ラインなども特別な対応は必要ありません。

    • UP-MC240 UPN-ME80 UPN-ME160
  • ひまわり乳業株式会社(高知県南国市)の学校給食用牛乳をはじめとした、小型牛乳・乳飲料・乳酸菌飲料の容器に初めて採用されました。