お知らせ岩手県下閉伊郡山田町の織笠漁港防潮堤の被覆コンクリートに「CfFA®」を使用~「CfFA®」が現場打ちコンクリートに初めて採用~

日本製紙株式会社

日本製紙株式会社(社長:馬城 文雄)は、「日本製紙MFA東北有限責任事業組合」を通じて、株式会社奥村組(社長:奥村 太加典 所在地:大阪府大阪市)が実施する岩手県下閉伊郡山田町織笠漁港海岸災害復旧工事の防潮堤被覆コンクリートで使われるコンクリート用混和材として、加熱改質フライアッシュ「CfFA®(Carbon-free Fly Ash)」を提供しました。「CfFA®」が現場打ちコンクリートへ採用される初めての事例となります。

加熱改質フライアッシュ「CfFA®」は、当社の基幹工場である石巻工場(宮城県石巻市)の石炭ボイラーで発生するフライアッシュの未燃カーボンを1%以下に均質化した高品質フライアッシュで、2016年4月より販売を開始しています。今回の工事では、コンクリートポンプ車を用いた現場打ちコンクリート施工において、良好なポンプ圧送性(ポンパビリティー)による操業効率向上が期待できるため、「CfFA®」が採用されました。

当社は企業グループ理念に「人々の暮らしと文化の発展に貢献する」ことを掲げています。今後も、「CfFA®」の供給を通じて、東北地方の震災復興につながるインフラ整備に貢献することを目指します。




■被覆コンクリートの打設および施工後の状況

  

     


以上