国内主要工場一覧日本製紙リキッドパッケージプロダクト株式会社
江川事業所

当事業所は、茨城県西南端・猿島郡五霞町にあります。旧十條製紙の江川工場として、1975年に操業を開始しました。
生産品目は、液体食品用紙容器としてスタンダードな屋根型形状を持つ「NP-PAK」と、常温で長期保存が可能な無菌包装充填機用のレンガ型紙パック「NS-FUJI」です。
「NP-PAK」はオフセット・グラビア印刷のいずれも可能です。「NS-FUJI」はグラビア印刷が主体で、当事業所が唯一の生産工場として生産を行っています。
当社では、オフセット印刷により商品デザインを印刷し、型抜きして折り貼り加工を行った後、梱包してお客様にお届けしています。
生産技術と生産環境の継続的改善を通して品質の向上を図るとともに、5S活動やフードディフェンス活動、また環境にも配慮してISO 14001の認証取得など、様々な活動に取り組んでいます。さらにこれらを基本として、食の安全性確保をより確実なものとするために、日本製紙の液体用紙容器を対象として、食品安全マネジメントシステムの国際規格であるFSSC 22000認証を取得しています。

工場名 江川事業所
所在地

〒306-0303 茨城県猿島郡五霞町江川2572

連絡先 TEL: 0280-84-1621
FAX: 0280-84-0807
規模

敷地:48,700m2 建物:23,800m2

設備 グラビア輪転印刷機 オフセット輪転印刷打抜機 貼機 ラミネーター 他
生産品目 「NP-PAK」カートン、「NS-FUJI」包材
規格

FSSC 22000 登録証 JQA-FC0069

ISO 14001 登録証 JQA-EM0677