日本製紙株式会社北海道工場 白老事業所

当事業所は資源豊かな北海道の南部、苫小牧市と室蘭市のほぼ中間の臨海部に位置し、1960年(昭和35年)に操業を開始しました。工場のある白老町は、水資源が豊富で、温暖な海洋性気候により、過去30年間の最深積雪量は約40cmと、北海道では最も降雪の少ない地域です。1996年(平成8年)に当時最新鋭の大型塗工機設備によるコート紙の生産を開始し、従来の上質紙、情報用紙に加えて様々な種類の紙を生産しています。
2010年(平成22年)には道内の2工場(勇払工場、旭川工場)と統合し、北海道工場となりました。

工場名 日本製紙株式会社 北海道工場 白老事業所
(にっぽんせいしかぶしきがいしゃ ほっかいどうこうじょう しらおいじぎょうしょ)
所在地

〒059-0993 北海道白老郡白老町北吉原181

連絡先 TEL: 0144-83-2711
FAX: 0144-83-1400
敷地面積 2,946,070m2
従業員数 699人(2016年4月1日現在)
  • 北海道工場 勇払事業所・旭川事業所・白老事業所 合計
パルプ設備能力 木材パルプ 1,024トン/日
抄紙機設備能力 3台 1,191トン/日
塗工機設備能力 1台 622トン/日
動力設備能力 ボイラー10缶 最大蒸気量1,142トン/時
タービン5基 ディーゼル1基 出力122,000KW
  • 予備缶・予備機を含む
用水 敷生川、白老川
最大取水量 240,000m3/日
年間生産量
(2015年実績)
紙 850,418トン
板紙 6,543トン
  • 北海道工場 勇払事業所・旭川事業所・白老事業所 合計
主要製品 上質紙、塗工紙、情報用紙、紙カップ用原紙