ステークホルダーとの関わり社会への責任

日本製紙グループは社会の一員として社会全体の発展に貢献したいと考えています。必要とされる製品の供給を続けるとともに、地球環境の保護、文化や地域社会の発展にも役立ちたい――そのための活動を積み重ねていくことで社会から信頼を得て、地域と共生しながら事業活動を続けていくことにつながります。

理念と基本方針

地域・社会

環境・生物多様性

教育・スポーツ