総合研究所(設備紹介)印刷評価設備

総合研究所では、ユーザーである印刷工場に近い立場から印刷評価が行えるよう万全な体制を整えています。

印刷工場と同じ条件で

印刷作業性や品質に対する要求を正確に把握するため、総合研究所では様々な実機印刷機や評価設備を導入し、多様な印刷評価を行っています。商業印刷や出版印刷においては主流のオフセット輪転機や 4 色枚葉オフセット印刷機を用いて、印刷工場に近い条件で用紙の品質評価や印刷トラブルの再現テストを行っています。また、印刷機に各種センサーを設置して制御や解析に利用したり、製版装置を用いて目的にあった最適な印刷図柄による評価も実施しています。

オフセット輪転機

オフセット輪転機

4色枚葉オフセット印刷機

4色枚葉オフセット印刷機

CTP(製版装置)

CTP(製版装置)

日本製紙グループ全体の需要に対応するために

総合研究所では、新聞や用紙の印刷評価に限らず、日本製紙グループで生産している様々な紙製品の印刷対応に注力しています。ダンボールや板紙、紙製の液体容器に用いられるフレキソ(ゴム凸版)印刷試験機を所有しています。また、世界的に普及が進むオンデマンドデジタル印刷機(電子写真方式)も所有しており、多様な印刷方式の評価に対応できる体制を整えています。

フレキソ印刷試験機 Flexographic printing tester

フレキソ印刷試験機
Flexographic printing tester

オンデマンド印刷機 On-demand press

オンデマンド印刷機
On-demand press

お問い合わせ
フォームからのお問い合わせ

研究開発に関するお問い合わせ