研究開発研究開発体制

私たちは木質資源を豊富に保有する日本製紙グループの強みを活かした木材の総合利用会社として、各事業の幹を太くするために研究開発を行っています。新事業・基盤事業の研究開発を進め、「総合バイオマス企業」への事業構造転換をけん引していきます。

木質資源の総合利用 General utilization of wood resources

組織

研究開発本部では紙・パルプに関する研究開発を行っており、アグリ・バイオ研究所、総合研究所、パッケージング研究所、CNF研究所、新素材販売推進室、知的財産部とそれらをサポートする部門から構成されています(図)。

ケミカル事業本部では事業開発部、開発研究所、機能材料研究所において研究開発を進めています。また、紙パック事業本部では商品開発部において研究開発を進めています(図)。

研究開発本部

アグリ・バイオ研究所

木材の安定確保と環境保全を目的として、植林木の成長量を高めるための技術開発を行っています。また、苗の生産性向上や機能性植物の用途開発などのアグリ事業拡大に向けた技術開発を行っています。

総合研究所

新聞・印刷用紙のサンプル
新聞・印刷用紙のサンプル

バイオマス原料を利用した化成品など、木質資源を利用した機能性材料の開発を進めています。また、日本製紙グループでは新聞・印刷用紙(写真)をはじめ、板紙・家庭紙など様々な紙製品を生産しています。総合研究所ではパルプ化、抄紙、塗工さらには印刷までの全工程について、一貫した研究開発体制を整えています。

パッケージング研究所

原紙製造技術に加え、バリア性など紙を高機能化する技術、性能や使いやすさを維持し、さまざまな形に加工する技術など、木質バイオマスをベースとした包装素材・パッケージングに関する技術および製品開発を行っています。また、パッケージング・コミュニケーションセンターと連携し、お客様の声に基づいた開発、提案を進めていきます。

CNF研究所

再生可能な資源である「木」から得られる木材繊維(パルプ)を高度にナノ化(微細化)したセルロースナノファイバーの素材開発を進めています。2013年10月に、化学処理によるセルロースナノファイバーを生産する本格的な設備としては国内初となる「実証生産設備」を設置しサンプルワーク体制を整え、事業化に向けた用途開発を行っています。

新素材販売推進室

バイオマス資源の特長や当社独自技術を活かした新たな機能性素材について、シーズとニーズを繋げ、マーケティングや商品展開を進めます。

知的財産部

日本製紙が保有する知的財産権の総数(2013/3/31 現在)
日本製紙が保有する知的財産権の総数(2016/3/31 現在)
  • 日本製紙と関連5社(日本製紙クレシア、日本製紙パピリア、フローリック、日本製紙木材、桜井)の合計件数

日本製紙をはじめ主要グループ会社の知的財産業務全般を受諾しています。
当部では、日本製紙グループ全体の知的財産力強化に向けて、研究・工場・営業部門と連携をとりつつ、新しい技術や製品に関連する知的財産の保護を図り、これらの管理・活用を行っています。また、技術契約も当部が主管しています。

〒114-0002 東京都北区王子5-21-1
TEL: 03-3911-5106
FAX: 03-3914-3350

ケミカル事業本部

ケミカル事業本部 開発研究所

セルロース誘導体、リグニンなど木質資源を利用したファインケミカル製品、当社のバイオ技術を駆使した食品添加物、塗料やインキ、接着剤などに添加される機能性コーティング樹脂の研究・開発を行っています。

〒740-0003
山口県岩国市飯田町2-8-1
TEL: 0827-24-6345
FAX: 0827-24-6399

ケミカル事業本部 機能材料研究所

最新のクリーンコーティング技術を駆使して製造される光学フィルムは、パソコン、モニター、スマートフォンなどに幅広く利用されており、当研究所はその研究・開発を行っています。

〒355-0002
埼玉県東松山市東平1551
TEL: 0493-22-2962
FAX: 0493-22-5133

紙パック事業本部 商品開発部

リキッドパッケージングセンター

  • (左)紙パックでおなじみのNP-PAK 紙パックでおなじみのNP-PAK
    (左)紙パックでおなじみのNP-PAK(エヌピーパック)
    (右)新容器のNP-PAK+R
  • 耐熱紙トレー
    耐熱紙トレー
  • 無菌容器のFUJI-PAK
    無菌容器のFUJI-PAK(フジパック)
  • NEW 耐熱ワンラップ
    NEW 耐熱ワンラップ

液体紙容器、紙器、フィルムに関する開発を行っております。当部は常にお客様のニーズを把握し、それらのニーズに応えた新商品を提供するために、日々情報収集に努め、研究開発に取り組んでおります。また、経験豊かなスタッフがお客様と共に試行錯誤を繰り返し、サンプル作成、検証テストを実施するなど、新しいシステム開発のお手伝いをさせて頂いております。

〒114-0002
東京都北区王子5-21-2
TEL: 03-3927-6161
FAX: 03-3927-6164