日本製紙株式会社石巻工場

当工場は宮城県東部に位置し県内第二の人口を擁する石巻市に立地しています。1940年(昭和15年)に操業を開始し、東北最大の河川である北上川の豊富な水に恵まれ、また臨海工場として原材料の調達に優れるだけでなく、首都圏に近い生産拠点として製品輸送の優位性を活かし、高品質で安定した製品供給に努めています。
その生産内容は機械・化学・古紙パルプなどの多彩な原料を使い、6台の抄紙機と1台の塗工機により印刷・情報用紙・紙器原紙と様々な紙を生産しています。
また、木質パルプを原料としたセルロースナノファイバーの製造およびボイラーより排出される焼却灰を有効利用した製品の製造も行い、総合バイオマス工場へと変貌を遂げつつあります。
さらに社会貢献活動にも力を注ぎ、当工場の硬式野球部は、日本野球連盟所属の社会人野球チームとして活躍しています。

日本製紙石巻硬式野球部 オフィシャルサイトはこちら

工場名 日本製紙株式会社 石巻工場
(にっぽんせいしかぶしきがいしゃ いしのまきこうじょう)
所在地

〒986-8555 宮城県石巻市南光町2-2-1

連絡先 TEL: 0225-95-0111
FAX: 0225-93-6060
敷地面積 1,110,907m2
従業員数 541人(2018年4月1日現在)
パルプ設備能力 木材パルプ 1,815トン/日
古紙パルプ 600トン/日
抄紙機設備能力 6台 2,389トン/日
  • オンマシンコーターを含む
塗工機設備能力 1台 357トン/日
動力設備能力 ボイラー5缶 最大蒸気量1,135トン/時
タービン5基 出力206,300KW
  • 予備缶・予備機を含む
用水 旧北上川
最大取水量 450,000m3/日
年間生産量
(2018年実績)
紙 778,071トン
主要製品

微塗工紙、コート紙、書籍用紙、コミック用紙、文庫用紙、PPC用紙、紙器原紙、

セルロースナノファイバー、コンクリート用混和材加熱改質フライアッシュ、再生資源土木資材