ニュースリリースCSR報告書2011が「第15回環境コミュニケーション大賞」優秀賞を受賞~「環境報告書大賞」優秀賞に続き2つ目の受賞~

株式会社日本製紙グループ本社

株式会社日本製紙グループ本社(社長:芳賀 義雄)が発行した「CSR報告書2011」が、環境省および財団法人地球・人間環境フォーラム主催の「第15回環境コミュニケーション大賞」において、環境報告書部門の「優秀賞(地球・人間環境フォーラム理事長賞)」を受賞しました。

環境コミュニケーション大賞は、優れた環境報告書等を表彰することにより、環境経営および環境コミュニケーションへの取り組みを促進するとともに、環境情報開示の質の向上を図ることを目的とする表彰制度です。15回目を迎えた今回は、総数で319点(うち環境報告書部門237点)が審査されました。

今回の受賞は、以下の点などが評価されたことによるものです。

  • 東日本大震災で甚大な被害を受けた石巻工場で、いち早く再開を宣言し地元に大きな希望を与えた
  • 国内外での森林経営や原材料調達におけるサプライチェーンを通じた取り組みが記述されている
  • 国内外での生物多様性についての取り組み報告が豊富である
  • ISO26000の7つの中核主題を網羅しており、公開情報量が多い
  • サプライチェーンでの人権取り組みが日本企業としては先進的である

日本製紙グループ「CSR報告書2011」は、東洋経済新報社およびグリーンリポーティングフォーラム主催による「環境報告書大賞」の優秀賞も受賞しており、CSR報告書等を表彰する2つの主要な賞を受賞したことになります。これを励みに、今後もCSR活動に積極的に取り組むとともに、わかりやすく充実した情報開示に努めてまいります。

  • 日本製紙グループ「CSR報告書2011」は日本製紙グループウェブサイトにおいてご覧いただけます。

(PDF、http://www.nipponpapergroup.com/csr/download/)

  • 環境コミュニケーション大賞の詳細につきましては財団法人地球・人間環境フォーラムのウェブサイトをご覧ください。

(http://www.gef.or.jp/eco-com/15th_ecom_result.htm)

以上