ニュースリリース勇払事業所における機能性特殊素材事業会社の設立について~洋紙事業から「デュポン™ノーメックス®紙」生産へ事業転換~

日本製紙株式会社
日本製紙パピリア株式会社

日本製紙グループの日本製紙パピリア株式会社(社長:三宅 純生)は、米国デュポン社(Du Pont de Nemours, Inc.)の100%子会社である、デュポン・スペシャルティ・プロダクツ株式会社(社長:田中 能之)と共同で、「デュポン日本製紙パピリア合同会社」(以下「DPNP」)を設立し、高機能材料であるノーメックス®紙を生産することで合意しました。DPNPは、日本製紙株式会社北海道工場勇払事業所(北海道苫小牧市、以下「勇払事業所」)の敷地・建物の一部を利用して生産設備を設置する計画で、2021年度中の営業運転開始を予定しています。


優れた電気絶縁性・耐薬品性・機械特性と素材本来の難燃性を有するノーメックス®紙は、幅広い電気絶縁用途に適しています。今後も世界中で広がる自動車の電動化においては、電気駆動モーターを搭載した xEV(電気自動車・プラグインハイブリッド自動車・ハイブリッド自動車・燃料電池自動車)を支える重要な技術です。パワーエレクトロニクスやバッテリーシステムにおいても耐熱特性により重要な部品を保護しています。また、航空機の内外装の構造材としても、ノーメックス®紙製のハニカムが重要な役割を果たしています。

当社グループは、中期経営計画のテーマとして、「洋紙事業の生産体制再編成と自社設備の最大活用」を掲げております。このたびDPNPが開始する事業は、市場の成長が見込める分野への事業構造転換へ繋がり、勇払事業所の土地と設備、さらには製紙工場で培った紙加工の技術・ノウハウを有する人材の活用により、地元・北海道の発展に寄与してまいります。



デュポン日本製紙パピリアの概要

(1)会社名   デュポン日本製紙パピリア合同会社
(2)所在地   北海道苫小牧市字勇払(日本製紙北海道工場勇払事業所内)
(3)設立年月日 2020年1月6日
(4)事業内容   電気絶縁材料「ノーメックスⓇ紙」の生産

(5)従業員数  

100名以上

*デュポン™、デュポンオーバルマーク、並びにTMSM、及び®表示のあるすべての標章は、米国デュポン社の関連会社の商標又は登録商標です。



以上