ニュースリリース投資ユニバースEthibel Investment Registerの「Ethibel PIONEER」に選定されました

日本製紙株式会社

日本製紙株式会社(社長:野沢 徹、以下「当社」)は、本年5月、ベルギーに拠点を置く社会的責任投資(SRI)の推進団体であるForum Ethibelの投資ユニバース「Ethibel Investment Register」において、「Ethibel EXCELLENCE」に継続選定されたことに加えて、「Ethibel PIONEER」にも選定されました。


「Ethibel Investment Register」は、グローバルなESG評価機関であるVigeoEirisが提供するESG評価データに基づく選定をベースに、企業の社会的責任(CSR)に関するパフォーマンスの多角的評価において高スコアを得た企業で構成される投資ユニバースです。構成企業はForum Ethibelにより継続的に更新・モニタリングされています。「Ethibel PIONEER」は、特に優れた評価を得た企業が選ばれるランクであり、当社は、2013年から平均以上のスコア取得企業として「Ethibel EXCELLENCE」を継続していましたが、「Ethibel PIONEER」に選定されたのは今回が初めてです。

 

2020年5月現在、「Ethibel PIONEER」に選定されている企業はグローバルで113社、うち日本企業は15社です。Forest Products & Paperセクターではグローバルで5社、うち日本企業では当社が選定されています。



参考:Forum Ethibel  https://www.forumethibel.org/en



"Nippon Paper Industries has been reconfirmed for inclusion in the Ethibel EXCELLENCE Investment Register and selected for inclusion in the Ethibel PIONEER register since 08/05/2020. This selection by Forum Ethibel (www.forumethibel.org) indicates that the company can be qualified as a sector leader in terms of Corporate Social Responsibility (CSR)."




以上