ニュースリリース日本製紙グループがコカ・コーラ ボトラーズジャパンと
森林管理における相互連携に合意
~群馬県・菅沼社有林で、水源涵養力の確保を目的に森林保全・維持管理で協働~

日本製紙株式会社

日本製紙株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:野沢 徹、以下「当社」)と日本製紙グループの丸沼高原リゾート株式会社(群馬県利根郡片品村、代表取締役社長:齋藤 秀樹、以下「丸沼高原リゾート」)は、2020年12月31日、コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役社長:カリン・ドラガン、以下「コカ・コーラ ボトラーズジャパン」)と、森林資源および水資源の保全・保護に関する相互連携に合意し、本日調印式を実施しました。本合意は、日本製紙グループの「森・木」、コカ・コーラ ボトラーズジャパンの「水」に関する知見・経験を活かし、「豊かな水」を育む「健やかな森」を保つための取り組みを協働で進めていくものです。


本合意に基づき三社は、コカ・コーラ ボトラーズジャパンの埼玉工場と岩槻工場の水源域に位置し、丸沼高原リゾートがレジャー事業を展開する「丸沼高原」がある、群馬県片品村の当社菅沼社有林の一部区域(1,746ヘクタール)において、水源涵養力確保のため、相互連携を図りながら森林保全・維持管理の活動を推進してまいります。


三社はこれまでにも、2014年に、2020年12月を期限とする森林管理における取り組みに合意して以来、協働して森林保全に取り組んできました。今回の合意は、前契約の更新に際し、水源域内の管理作業区域を見直しのうえ拡大し、契約期間を10年間延長したものです。


当社は、日本各地・海外に保有する森林において持続可能な経営を継続して行い、得られる木質資源は余すところなく活用しています。また、森林を適切に維持・管理することにより水源涵養、生物多様性保全、CO2吸収・固定など、森林の公益的機能の発揮にも貢献しています。今後も「木とともに未来を拓く」とのスローガンの下、持続可能な森林経営と再生可能な木質資源の利用を通じ、持続可能な社会の構築に貢献してまいります。