ニュースリリースGPIF採用4指数などESG投資指数の構成銘柄に選定

日本製紙株式会社

日本製紙株式会社(社長:野沢 徹、以下「当社」)は、以下のとおり、代表的なESG(環境・社会・ガバナンス)投資指数の構成銘柄に選定されていることを確認しました。 

(1) 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が採用している4つのESG投資指数*1

*1  「FTSE Blossom Japan Index」

「MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数」

「MSCI日本株女性活躍指数(WIN)」

「S&P/JPXカーボンエフィシエント指数」 

(2) 「FTSE4Good Index Series」  

当社は、「木とともに未来を拓く総合バイオマス企業」として、2050年のカーボンニュートラルの実現に向けて、社会・環境の持続可能性と企業としての成長を、ともに追求するサステナビリティ経営を推進しています。

今後も、社内外のステークホルダーとの対話を通じて、ESGに関する取り組みの充実と、適切な情報開示に努めてまいります。

以上