ニュースリリース液体用紙容器生産拠点で最新鋭フレキソ印刷コンバーターの稼働を開始~環境性能と高精細印刷を両立した安定供給体制(BCP)の構築~

日本製紙株式会社

日本製紙株式会社(代表取締役社長:野沢徹、本社:東京都千代田区、以下「当社」)は、当社の液体用紙容器を生産する100%子会社の日本製紙リキッドパッケージプロダクト株式会社江川事業所において、最新鋭のフレキソ印刷コンバーター(以下「本設備」)を導入し、10月8日(金)から稼働を開始します。

本設備の導入は、現在当社が推進している生活関連事業強化戦略の一環です。高精細印刷設備の複数台稼働により、国民生活に深く密着した液体用紙製パッケージの国内安定供給体制(BCP)の強化を実現し社会的責任を果たすとともに、NSATOM®やSPOPS®などの新型容器の生産に力を入れてまいります。

本設備の特長は以下の通りです。

1.高い環境性能

本設備においては、水性インキを使用することでインキ由来の炭素排出を約70%抑制するとともに、VOC※1の大幅な低減によりさらなる環境配慮を実現します。

2.高い印刷再現性

旧来型フレキソのベタ印刷と異なり、高精細の網点によるカラー印刷再現が可能です。また、Center Impression(CI)方式の採用により優れた見当性※2を有しており、お客様の高い要求水準にお応えします。

3.高い柔軟性

無菌包装NS-FUJI用の包材、冷蔵流通用の各種形態の包材NP-PAKの印刷に対応し、かつ、複数品種を同時に印刷する機能を有するなど、柔軟性の高い生産を可能とします。

当社は、「木とともに未来を拓く」とのスローガンを掲げ、人々の豊かな暮らしと文化の発展に貢献することを目指しております。液体用紙製パッケージ事業は国民生活に深く密着し、プラスチック容器に代わる環境対応型容器として国内外市場で高いニーズが期待できる分野であり、今後一層力をいれてまいります。「紙でできることは紙で」を合言葉に、再生可能な資源である「木」から生まれた紙容器の可能性を追求し、これからも様々な提案を行ってまいります。

※1 VOC 揮発性有機化合物
※2 見当性 複数の版で印刷する際の版のずれを防止する精度

 以 上