ニュースリリース日本製紙株式会社とyousual株式会社が、SPOPS®の事業拡大で連携~SPOPS®がyousualブランド6商品に採用、消費者向け共同マーケティングを実施~

日本製紙株式会社

日本製紙株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:野沢 徹、以下「日本製紙」)とyousual株式会社(東京都目黒区、代表取締役社長:緒方 征弘、以下「yousual」)は差し替え式紙容器「SPOPS®」の事業拡大で連携することに合意し、SPOPS®はyousualの日用品6商品に採用されました。

同時に両社はSPOPS®の消費者向け共同マーケティングを実施し、戦略構築の検討を推進することとしました。yousualはマーケティングに関する知見を提供し、日本製紙は技術的な知見やサポートを提供することで、SPOPS®事業拡大を目指します。

両社の連携による取り組みは以下の通りです。

  1. yousualブランドにおけるSPOPS®の採用
    yousual株式会社が取り扱う全液体製品(シャンプー・コンディショナー・ハンドソープ・ボディーソープ・洗濯用柔軟剤・洗濯用洗剤)についてSPOPS®を採用、2021年11月より自社ECサイトおよび大手ECサイトを通じた販売を開始し、一般消費者へSPOPS®の浸透を推進していきます。併せて、yousualが同月にサービスを開始する、"洗練された暮らしをとどける、日用品のサブスクリプションBOX "yousual定期便"においても、同様にSPOPS®を採用します。 
  2.  
  3. SPOPS®の市場浸透へ向けた共同でのマーケティング戦略検討およびその推進
    SPOPS®の販売拡大へ向け、両社共同で消費者マーケティングの戦略検討およびその推進を図ります。具体的には、yousualの持つオフラインおよびオンラインでのマーケティングの知見、およびyousualブランドの運営で得られた知見を活用し、共同でのマーケティング等を実施していきます。


参考

■ 日本製紙株式会社「SPOPS®」について

シャンプー等のパーソナルケア用品や日用品の液体製品には、詰め替えパウチが多く使用されているものの、消費者アンケートによると、詰め替え製品を使用しているほぼすべての人が何らかの不満を感じています。また、詰め替えパウチはボトルを毎回使い捨てにする場合と比較して、プラスチックの廃棄量を減らすことが可能であるものの、昨今のプラスチック廃棄物問題を鑑みると更なる環境対応が必要な状況です。SPOPS®は、紙パック技術を応用し、「使い勝手」と「環境へのやさしさ」を両立した日用品・化粧品向けの新たなパッケージです。

(関連リンク)SPOPS®製品情報

■「yousual」について
yousualは製造段階から、お届け、使用時、使用後の廃棄に至るまで、サステナブルで環境に優しい製品・製造プロセスにこだわった日用品ブランドです。

具体的には、日本製紙より生産協力を得た紙製容器により、プラスチック使用量を従来ボトル比で約80-90%削減[i]します。また、酵素を活用した洗濯用洗剤や、自然由来の成分を積極的に活用したパーソナルケア製品など、生分解性に優れた成分を採用する取組みを進めています。

さらに、製造時における環境配慮はもちろん、中身は自然由来成分を主体として裏付けのある原料を用いた「いいとこ取りした、悩まず使えるワンチョイス」の配合設計とし、便利で使いやすい詰替方法・販売チャネルを採用することで、「思わず使い続けたくなるサステナブル日用品」を提供していきます。

■「yousual定期便」について

yousual定期便では、自社ECサイトの顧客管理システムを活用し、yousual製品が「自分に合った量・合った周期でワンボックスでまとめて届く」という便利さを提供していきます。液体製品だけでなく、トイレットペーパーやティッシュ等を含め、買い出し頻度の高い日用品を網羅しているため、消費者は日々の日用品の買い出しや管理から開放され、洗練された暮らしを実現できるサービスです。

■本件に関するお問い合わせ先

日本製紙株式会社 紙パック営業統括部:03-6665-1264

yousual株式会社  総合お問い合わせ窓口: support@yousual.org 
------------------------------------------------------------------------

[i] 日本製紙調べ 従来型プラスチックボトルとプラスチック重量を比較

以上